×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2007年3月の話。


就活中。
……暇なときゃ暇ですがネタが無いので更新頻度は変わりません。

3月12日


バイトのときの話。
売り場に出て整理整頓の作業をしていました。


その時にお客様がイチゴのパックを片手に声をかけてきました。





お客様:「……このイチゴって食べられるんですか?」
自分:「これですか?えーっと…………え!?」


お客様の持ってたイチゴのパックの中に、
明らかに誰かが食ったとしか思えないイチゴの食いかけが一つ。
それが当たり前のようにパックの中にぶちこまれていました。





すぐさまお客様に詫びを入れ、先輩のところに持っていくと。


先輩:「いやー…これはひどいな。今までこんなこと一度も無かったのに」




予想以上の出来事だったらしいです。
先輩:「できれば現行犯で捕まえたかったね」



確かに、犯人がものすごく気になりました。


大方子供が食ったんでしょうが、もし大人だったら色々と笑えない
と思ったバイト先での出来事でした。

3月25日

3月の終わりの話。
割りと風が強い日でした。
企業の一次採用試験に行くために高速バス乗り場でバスを待っていました。
すると。





チェーンでくくりつけられていた乗り場を示す看板が吹っ飛んで落ちました。
微妙に縁起悪いと思いました。


その後近くにいた人ががその看板を拾って窓口に持っていってました。


いや、「それだけか」と言われればその通りなんですが。

日記の目次に戻る