×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Double+Cross Session Replay in 「Separate Color」

Replay Title:「Little-SummerMemory Group-2」


1.Introduction
   [Hand-Out]

2.Opening Phase
   [OP1]  [OP2]

3.Middle Phase
   [MD1]  [MD2]  [MD3]

   [MD4]

4.Climax Phase
   [→Jump]

5.Ending Phase
   [ED]

   [EX−ED]

Entry Character
PC1:"正位置の太陽" 津嶋皓(たつきさん)
"ウンディーネ" 水守七波(Sevenさん)
PC2:"考える苦労人" 久能俊一(抱月さん)
"踊る剣姫" 神楽堂姫乃(カササギさん)
"天駆ける龍" 九衛統太(福坂真央さん)
Game Master:Hover-B

セッション日:2011.08.21
Log Editor:Hover-B


 1.Introduction

 <Trailer>

 夏祭り。
 日常の延長線上にある一つの「非日常」。
 
 その「非日常」を楽しむ者達の中に混じる、
 もう一つの「非日常」からの来訪者。
 両者が交錯した時、それは一つの「思い出」になる。
 
 Double+Cross 3rdEdition 『Little-SummerMemories Group-2』
 ――その思い出は、優しい思い出として残るのか?それとも――
 

 <Hand-Out>

 ◇PC1(推奨:学生)
  今年も夏祭りの季節がやってきた。

  早速、友人たちと共に会場の黒巣商店街に繰り出し、
  楽しんでいた所で、一人の小柄な少年が手持ち無沙汰に遠くから
  見ているのを見つけた。

  その寂しそうな姿が、何となく気になったので君は声をかけてみる事にした。

  ロイス:"一之瀬裕"

  Entry-Character:"正位置の太陽" 津嶋皓
  Entry-Character:"ウンディーネ" 水守七波


 ◇PC2(推奨:無し)
  何時もの通りElysionの支部エリアに呼び出された君達。
  どうやらFHの実験体が逃げ出し、黒巣までやってきている為
  調査して欲しいとの事だった。

  最後の目撃情報によると黒巣商店街の近くにいたとの事であり、
  また商店街ではちょうど夏祭りが行われているとの事だった。

  まあ何事もなさそうなら少しくらい羽を伸ばすのも良いんじゃないか。
  そう言われて、君達はさっそく商店街に向かう事にした。
  ――支給された浴衣姿で(何

  ロイス:FHの実験体


  Entry-Character:"考える苦労人" 久能俊一
  Entry-Character:"踊る剣姫" 神楽堂姫乃
  Entry-Character:"天駆ける龍" 九衛統太



 [character-introduction]

 GM :それでは津嶋君からリスト順で自己紹介をお願いします。終わりましたら"以上"で。

 皓 :「夏祭りかぁ。祭りごとって好きだよ、活気があって。参加するのも、単に見てるのも、面白いよね」
 皓 :「今夜は縁日もあるってことだし。友達みんなと楽しんで来よう。──じゃ、行ってきまーす」
 皓 :津嶋 皓。なんだか色々それなりの目に遭っていながら、気にした風を周囲には見せない高校生。
 皓 :内に在る思いは思いのまま。身にかかる一件を真っ向から受け止める姿勢は誠意からか、素質からか。
 皓 :小さなポジティブを何より信じることをモットーとする。“正位置の太陽(Sun of Arcana)”。
 皓 :ただ、自分がその様に呼ばれている自覚とかはさほどない様子。
 皓 :シンドローム:ハヌマーン/サラマンダー Dロイス:白兵《伝承者》
 皓 :HP:44 IV:20 基本侵蝕率:32%
 皓 :PC間ロイス:水守 七波さんに ■信頼/隔意
 皓 :「……巫女さん? ……あ、そうか。本業だったっけ。凄く似合ってるよ、その格好。和装って好きだなぁ、やっぱり。ともあれお手伝い頑張って」
 皓 :シナリオロイス:一之瀬裕君には後ほど。
 皓 :以上です。宜しくお願いします。

 七波 :「あたしは水守 七波、ふつーの高校生──とも言い切れなくなっちゃったわね」
 七波 :「……でも、人の絆(ロイス)を感じられるから、やっぱりあたしは普通の高校生よね」
 七波 :水を『神』として崇める神社の家系に生まれた、『水守神社』の跡継ぎの少女。
 七波 :水を自由自在に操ることを得意とし、歴代の『水神の巫女』の中でも屈指の才能を持つ。
 七波 :しかし、跡を継ぐのが嫌で家を飛び出し、現在は黒巣市の親戚の元で暮らしている。
 七波 :とある事件の際、レネゲイドビーイングとして覚醒。
 七波 :それにより"歴代当主"と"水"を起源とするコードネーム通りの独立型RB"ウンディーネ"となった。
 七波 :ブリード:クロスブリード シンドローム:エンジェルハィロゥ/おルクス
 七波 :【HP】29 【行動値】15 初期侵蝕率:38% Dロイス:《調和者》
 七波 :PC間ロイス:“踊る人形”神楽堂 姫乃  ■親近感/脅威 「シンパシーを感じる…というのは失礼かしら」
 七波 :シナリオロイス:OP後提示
 七波 :PLはSevenです。よろしくお願いします
 七波 :以上です。

 姫乃 :「機械の両腕、シナプスの電脳、無機物と区別のないこの身体」
 姫乃 :「私は―――どこから”人間”なのでしょう?」
 姫乃 :「・・・・・・・・・・・・・・じーー」(ウズウズ (←事前に配られたお祭りのパンフレットをずぅ〜〜と凝視中
 姫乃 :”踊る剣姫”神楽堂 姫乃
 姫乃 :幼い頃、大病によって半身を失い・・・機械化手術を施すことで生き延びた生粋のUGNチルドレン
 姫乃 :そのことが切っ掛けとなり、”孤独感”を埋めるために”日常”と”絆”に憧れる心を密かに胸に仕舞いこむ。
 姫乃 :最近、その憧れの”日常”に一歩踏み出すためにアルバイトを始めてます!
 姫乃 :・・・のですが。微妙にズレた方向にいっているのは天然なのかチルドレンの性なのか(何
 姫乃 :基本は無表情&生真面目で努力家。古風な価値観を大事にする子。
 姫乃 :浴衣姿とか似合いますよね!似合いますよね!(重要なので2回言いました
 姫乃 :ブラックドッグ/エグザイル/ノイマン(OP)
 姫乃 :HP:67 IV:5 基本侵食率:40 D『器物使い』
 姫乃 :PC間ロイス:“考える人”久能俊一 ■信頼/□不安
 姫乃 :「気苦労の多い方です。それだけに信頼できる方なのですが。・・・ただ。”あの人”のようにならないといいのですが・・・」
 姫乃 :シナリオロイス:FHの実験体 □好奇心/■不快感
 姫乃 :「夏祭りという”思い出の象徴”において・・・なんと間が悪いのでしょう。」
 姫乃 :PLは”第3の鍋の具材”カササギです。目指せ!第2位の具材!
 姫乃 :皆様、よろしくお願いします。以上です!

 俊一 : 「この市にいるといつか過労死してしまう。…と誰かが言っていたが、それは誰のせいだろう」
 俊一 : 「(何かを見た)・・・(見なかった事にしたかった)」
 俊一 : 「考えるだけ損ですね。解決しようがないですし」
 俊一 : 1年前に厄介払いとされ、この市に派遣されたチルドレン。
 俊一 : その後、自分のスタイルを確認できた…までは良かったが、この町に事件が発生している現状に頭を抱えている。
 俊一 : その結果として情報収集能力が向上した…はずだったのだが、
 俊一 : 何かの手違い(何)で再訓練をさせられて武器生成能力が高くなった。
 俊一 : シンドロームはノイマン/モルフェウスのクロスブリード。
 俊一 : シナリオロイス:FHの実験体に□セルに帰れ/■もしくは朽ち果てろ
 俊一 : PC間ロイス:“天翔ける龍” 九衛 統太に ■仕事しろ資料室/□トラブルはお腹一杯です
 俊一 : ご存知なかのひとはしっとの使徒抱月にございます。
 俊一 : 本日はよろしくリア充爆発しろ!(・x・
 俊一 : 以上で

 統太 :「予想はしてたがなんて感情結んでやがる」(何)
 統太 :「先週は某所で薄い本やグッズを売りまくるとても大きな祭りに作家として参加した九衛統太ですこんにちは。
 統太 :完売したよ! 戦利品ガッポリだよ!」
 統太 :「今年はどうだったって?
 統太 :・徹夜組と早朝組がぐちゃぐちゃになって入る順番早い者勝ち。徹夜組カウイソス。
 統太 :・コスプレも作家もファミマもまどマギ大炸裂。「こんな行列、絶対おかしいよ!」 (CV:八木かおり)
 統太 :・みなさんの予想通り熱中症で運ばれる人間スゲェ多かった。
 統太 :・バン○シャの取材が来たら徹底的に無視しろと話が回ってきた。
 統太 :・まどか屋の搬入数が少なすぎ。魔女……もといジャーム化する奴出るんじゃね。
 統太 :あとはまぁ察してくれ。玲とか千鳥もいたからそっちの方が詳しい話聞けんじゃないのか?」
 統太 :「夏祭りの思い出ねぇ。初めて行ったときに金魚すくいの金魚を手掴みで食おうとして親父に叱られたことか。
 統太 :ホントに昔は何も知らなかったんだよなあ」(しみじみ)
 統太 : “天翔ける竜”(LastDragoon)九衛統太。
 統太 :表向きは希少かつ凄まじい力を持つがゆえに常にUGNの監視を受ける古代の竜。
 統太 :しかしその実態は威厳など1ミクロンも感じさせない日々趣味と本能に従って生きるダメ人間。
 統太 : 【シンドローム】キュマイラ/ハヌマーン 【Dロイス】古代種
 統太 : 【HP】36 【行動値】19−2 【基本侵蝕率】39%
 統太 :[PC間ロイス:“正位置の太陽”津嶋 皓  ■憧憬/□嫉妬]
 統太 :「実に人間らしい少年であり好感のもてる少年でありリア充でありギギギギギ。
 統太 :夏場でも仕事しろしっと団ー! 連日の猛暑でとうとう全滅とか知るか!
 統太 :汗とヨダレと涙で蒸れたマスクの下で息絶えてんじゃねえぞー!」
 統太 :[シナリオロイス:FHの実験体 ■懐旧/□憐憫]
 統太 :「実験体だからやっぱ外部の刺激とか欲しいのかね。お祭りとかなおさら珍しいんだろう。
 統太 :昔の俺を思い出したのはそういうワケだったりする」
 統太 :以上、よろしくお願いします。

 GM :それではOP参ります。PC1とPC2で1シーンずつ。


 2.Opening Phase

 Opening-1「夏祭りの日」
 Place:黒巣市街/商店街入り口 
 Scene-Player:"正位置の太陽" 津嶋皓&"ウンディーネ" 水守七波
 登場:不可

 GM :登場どうぞ。
 皓 :#1d10+32
  Dice... ... kou_t:1d10=(6)=6+32=38
 皓 :38%で。
 七波 :#1d10+38
  Dice... ... Nanami-M_:1d10=(8)=8+38=46

 黒巣商店街。
 傍の小高い丘に神社があるこの商店街は、
 いつもの夕暮れ時とは違いかなりの人で賑わっていた。
  
 商店街の道端の店に無数の提灯や飾りがぶら下げられるのみならず、
 中心の広場や神社への通りも屋台が所狭しと並んでいる。
 それもそのはず。――今日は年に一度の夏祭りだった。
  
 これを一般的に騒ぎたがる学生連中が見逃す筈もなく。
 思い思いに友人同士で夕暮れの街に繰り出した結果、君達は神社の入り口の前で偶然出くわしたのだった。


 皓 :「あ、七波さん」こんばんはー。と軽く無手の方を上げ。
 七波 :「あ、お久しぶりですね」ひらひらーと手を上げつつ普段とは違う正式な巫女装束で。
 皓 :「何か本格的な格好してるね。……あ、そか、神社が本家って言ってたっけ」
 七波 :「です。まー、こんなときくらいいいかなーと思いまして」苦笑しつつ。
 皓 :おおー。と声を上げつつ。此方も甚平姿の涼しげな格好で。
 GM :ちなみに一緒に来ていた筈の加瀬君は気付いたら居なくなっている(何
 皓 :屋台突貫したんだろうと気にしないことにする(何) いつものことだ。
 七波 :ですよねー(何
 皓 :その内帰ってくるだろー。といつの間にかいなくなっていた友人を一応丸く見まわしつつ。
 七波 :「津嶋先輩、何かそういう恰好似合いますよね。やっぱ剣道とかやってるからそう見えるんでしょうか」
 皓 :「そう? それはありがとう」はは。と軽く照れ交じりに笑いつつ。
 皓 :「そう言う格好ってことはお手伝いか何か? じゃ、社の方に──」
 七波 :「そうですね、そろそろ戻って──」
 GM :ではそんな感じで神社の入り口の横の方を見たとき。
 GM :一人の少年がぽつんと座りこんでるのが目に移った。
 GM :小学生くらいだろうか。――どことなく寂しげで、疲れているようにも見えた。
 皓 :言いかけ、おや? と何となく目に止まった子を見た。
 皓 :「何だろう。迷子かな、あの子?」
 皓 :七波さんに先ず指を指して確認。
 七波 :「そうですね・・・何か、妙に疲れてるような…祭りに来る普通の小学生とは何か違う気が」
 七波 :わいわいきゃっきゃ後ろを通る小学生を見つつ。
 皓 :「大丈夫かな。調子が悪いとかじゃなければいいけど……ちょっと様子見てみようか」
 七波 :「そうですね、体調悪いなら神社で寝ててもらってもいいでしょうし」
 皓 :言い様、ほてほてと数歩男の子に近付きつつ。目の前で屈みこみ。
 皓 :「どうかしたの? お父さん達とはぐれたとか?」目線を合わせ、先ずはそう声をかけた。
 七波 :「大丈夫?」
 GM :??「……ううん。姉ちゃんを待ってるだけ……ここで」声を掛けられて一瞬びくっと震えたが。顔を見て少しほっとした様子。
 皓 :「お姉さん?」やっぱり迷子かなぁ? と、七波さんを見て。
 七波 :「…迷子、なのかな?」
 GM :と、そうしたところで。
 GM :「……やっと見つけたぜ。全く手こずらせやがって」
 GM :「なぁそこの二人ー。そいつ俺の弟なんだわ。連れて帰りたいからこっちに渡してくれねえかな」
 GM :と、数人の不良らしき少年達が声をかけてくる。
 GM :そして座り込んでいた少年はまたびくっと震えて、脅えたように二人の後ろに隠れた。
 七波 :「……そうなんですか?」明らかに何か違う空気に眉を顰める。
 皓 :は? と、屈んだまま声のかかった方に視線を投げ。
 皓 :「……この子が待ってるのってお姉さんでしょ」
 皓 :何言ってるの。と言わんばかりに半眼の視線を向け。
 GM :不良「……なんだよ。俺たちが嘘言ってるっつーのか?さっさと渡せよ」何か光るものをポケットから見せつつ。
 皓 :だいじょうぶ。と隠れた少年の頭をぽんと撫でながら立ち上がり。
 GM :津嶋君なら慣れてるから分かるだろうが。ナイフだな。
 皓 :ふーむ。
 皓 :「剣呑だね。弟を迎えに来るってのにそんなの必要なの?」
 七波 :「……津嶋先輩」じり、と少年を背に1歩下がる。
 皓 :ほい。と、この場に及んで携帯していた棒状の包みを七波さんに投げ渡し。
 七波 :「あ……」ぽふ、と受け取る
 皓 :「それとその子宜しく」無造作に言って此方は一歩、前に出た。無手のまま。
 GM :不良「……渡す気はねえってか。ならしょうがねえな……っ!」と、人目も気にせずに斬りかかってくる。
 皓 :そのまま、踏み込んできた相手の腕を掴み、ねじあげ、膝を手に叩きつけてナイフを落とした。
 GM :不良「……ぐあっ……!」その一撃をもろに受けてナイフを取り落とす。
 皓 :そしてそのまま別な仲間へと、身を折った相手を蹴りつけて共倒しに転がす。
 GM :不良「……くそ、聞いてねえぞこんな強いヤツがいるなんて!」「覚えてろよ!」
 GM :口々に悪態をついて、転がされた不良たちは逃げて行った。
 皓 :「──なんだ、あっけないな」
 皓 :拍子抜けしたように呟き、足元に落ちたナイフを拾い上げた。これどうするかなぁ?
 皓 :「……まぁいいか」ぼそりと呟き、傍らの河原の方へ思いっきりぶん投げた(何)
 七波 :「流石ですね……でもなーんか、微妙に聞き捨てならないこと言ってたような。"こんなに強い奴がいる何で聞いてない"とか」
 七波 :「……事情言ってこっちから神社の方に預かっておきましょうか?」
 GM :??「……お兄ちゃん、強いんだね」感動したように目を輝かせて皓を見る少年。
 皓 :あ。捨てちゃった(何)
 七波 :まぁいいや(何
 皓 :面倒事になってもアレかなって思って(何)
 七波 :「……まぁ、面倒事になるよりはいいですか」苦笑
 皓 :「ごめ、先に聞いておけば良かった」どぷん。と音を立てて水に沈んだ瞬間聞こえた声に慌てて振り返り。
 皓 :「で、どういたしまして。かな。……さっきの人たち、知ってる人?」少年にはもう一度身を屈んで声をかける。
 GM :??「ううん、知らない人」首を振って。
 皓 :そっか……。と微かに眉を潜め。
 皓 :「えと、君、お名前は? 僕は津嶋皓って言う」
 七波 :「…あたしは、水守 七波よ」同じ目線まで屈んで。
 GM :??「……僕は、"一之瀬裕"……ねえ、兄ちゃん達にお願いがあるんだけど、良いかな?」
 七波 :「……何かしら?」
 皓 :「ん、なに?」
 GM :裕「一緒に、姉ちゃんを探してほしいんだ……たぶん、このお祭りのどこかに居る筈なんだ」
 皓 :「──そっか。いいよ」まぁ、ここまでくれば乗り掛かった船だ。
 GM :裕「待ってるだけだったら、またさっきみたいな人達にからまれたりしそうだし……あ、ありがとう!」
 GM :二人の言葉に少年はぱぁっと顔を輝かせた。
 皓 :「七波さんは用事とかあるんだっけ」どうする? と顔を上げ。大変ならこっちが面倒みるけど。と首かしげ。
 七波 :「いいわよ。お手伝いの方はひと段落ついたし」
 皓 :「じゃ、行こうか。──紛れてるとしたらやっぱり縁日の方かな」
 七波 :「でしょうかね」
 皓 :「じゃ、行ってみようか」
 皓 :七波さんに預けた得物を受け取りつつ、裕君に手を差し出した。
 七波 :「あ、どうぞ」と獲物を返しつつ「じゃ、行こうか」
 GM :裕「宜しくね、皓兄ちゃんに七波姉ちゃん!」


 ――そうして新たに一人を加えて、再び縁日の屋台の方へ向かうのだった。




 Opening-2「支部の夕暮れ」
 Place:Elysion/支部エリア 
 Scene-Player:"考える苦労人" 久能俊一&"踊る剣姫" 神楽堂姫乃&"天駆ける龍" 九衛統太
 登場:不可

 GM :登場どうぞ。
 統太 :#1d0+39
  Dice... ... Touta:1d0=0+39=39
 統太 :違う。
 俊一 : これはひどい
 統太 :#1d10+39
  Dice... ... Touta:1d10=(1)=1+39=40
 俊一 : #1d10+31
  Dice... ... Syunichi:1d10=(3)=3+31=34
 GM :姫乃さーん。登場しないと書類増やしますよ。くのーくんが(何
 姫乃 :#1d10+40
  Dice... ... himeno:1d10=(10)=10+40=50
 姫乃 :えぇと・・・・
 姫乃 :逸品を使用します!
 GM :あいさ。どうぞ。
 姫乃 :#1d10+40
  Dice... ... himeno:1d10=(3)=3+40=43
 姫乃 :お待たせしました><すみません・・・
 GM :いえいえ。

 Elysion支部エリア。
 何時もの通り天城支部長に呼び出されてやってきたPC達。
  
 ただ、何時もの任務とは違うもののようだ。
 ――テーブルの上に置かれている人数分の"浴衣"を見て、それはすぐに分かった(何


 俊一 : 「……なんですか?これは。」
 統太 :「浴衣に見えますが」
 姫乃 :(・・・・・・・困りました。浴衣の着付けは始めての経験ですね)
 GM :美鈴「それはこれから説明しますね。今回のお仕事ですが――」

 支部長が言うには。
 FHの実験体がこの街に逃げ込んだとの情報が入ってきている。
 最後に姿が確認されたのは、現在夏祭りが開催されている黒巣商店街の近く。
 暴れまわられると厄介だが、幸いにしてUGNの協力者も少なかれ参加している為、心配は少ないだろう。
 ――しかし、警戒はしておくにこした事は無い為、正式な形で支部からも人を派遣する事にした。との事だった。

 姫乃 :(・・・・・・・後で水原さんに手伝ってもらいましょうか・・・・)
 俊一 : 「・・・そこまでは理解できました。で、何故浴衣なんです?別に浴衣でなくてもいいと思いますが。」当然の疑問である(何
 統太 :「なるほど。自然な形で現場にいられるように浴衣を着ろ、と」
 統太 :夏の海でもスーツの隣の人物に目を向け。
 GM :美鈴「九衛さんの仰るとおりですね。縁日にスーツ姿だと流石に目立つので」
 GM :美鈴「あと、たまにはこういう"日常"もあるという事をその身で体感してもらう事も必要かと思いまして」
 姫乃 :「・・・な、なるほど」(そわそわ
 俊一 : 「いえ……まぁ、いいでしょう。」普段着(私服)でもいいんじゃねと思いつつ何かを諦めた(何
 姫乃 :「・・・・FHの実験体についての現在までの資料はあるのでしょうか?」
 GM :美鈴「それはこちらに。もっともまだ調査中の段階なので、推測の域を出ない情報も多々ありますが」す、と資料を置きつつ。
 統太 :資料に目を落とす。
 GM :とりあえず外見イメージとか、推測される能力とかについて記載されている。
 GM :もっとも、分かるのは外見イメージと、その実験体がレネゲイドビーイングであることくらいだが。
 GM :外見は小学生くらいの少年だな。穏やかそうな印象の。
 姫乃 :「レネゲイドビーイング・・・ですか。」
 俊一 : とても微妙な顔をする<RB
 GM :美鈴「情報についてはまた判明次第随時端末へ送付しますので。宜しくお願いします」
 姫乃 :「了解しました。では、これをもちまして任務に当たらせてて頂きますね。」
 統太 :「了解。それじゃあお兄さんが二人にお祭りの楽しみ方を伝授してあげやう」
 統太 :二人の肩、特に久能の肩を強く叩く。
 姫乃 :「よろしくお願いします。えぇと・・・・九衛さん。」ラストドラゴンさんの方がいいのかしら?と首を傾げ
 統太 :「そのCNで呼ばれることは少ないから名前でいいよ」
 姫乃 :「了解しました。では、改めてよろしくお願いします。」ペコリとお辞儀を
 俊一 : 「あぁ、一応ハメ外しすぎたら始末書が増えますので気をつけてください。」
 俊一 : と、資料室の龍に(何
 統太 :「ワードののテンプレ使えばすぐできるよ!」
 GM :美鈴「一応実験体は二人いるとの事ですが。もう一人は亀山さん達に担当してもらっていますので」この資料の方をあたってください、と最後に。
 姫乃 :「了解しました。」 資料を受け取り
 統太 :「んじゃ着替えるか」
 統太 :浴衣をとって資料室へ。
 俊一 : 「……まぁ、これも仕事ですね。」浴衣を取って
 姫乃 :「では、失礼させて頂きますね。」
 姫乃 :私も浴衣を持って・・・・水原さんのところへご連絡を。
 姫乃 :ヘルプミーコール!浴衣の着付け、教えてください〜〜>< と!
 GM :んじゃ、途中で喫茶店に立ち寄れば美雪さんが教えてくれると連絡が来た(何
 姫乃 :了解です!ありがとうございます!
 姫乃 :と、最後に
 姫乃 :<調達>判定はOKでしょうか?
 GM :OKとしましょう。
 姫乃 :ありがとうございます!では、1個目のパイルバンカー(目標値:13)を!
 姫乃 :<調達>に能力値訓練:【社会】ソフトをD《器物使い》でインストロール! そして「コネ:手配師」付きで調達!
 統太 :ああちょっとまった。
 統太 :うちがやってみよう。
 姫乃 :あら
 統太 :#2r10+13
  Dice... ... Touta:2r10=(10,9)=Critical!!
  Dice... ... Touta:1r10=(7)=17+13=30
 統太 :はい買えた(何)。
 俊一 : ひでぇ
 姫乃 :ありがとうございますw
 俊一 : じゃああちしも買ってみっか
 姫乃 :では、遠慮なく頂きますねw
 統太 :「そういえばクロドヴァから持ってきたヤツが資料室の倉庫に」
 俊一 : 強化素材をな
 俊一 : #2r10+10   目標15
  Dice... ... Syunichi:2r10=(6,9)=9+10=19
 俊一 : これでメカニカルフィストのAtk+1
 姫乃 :では、2個目のパイルバンカー(目標値:13)を〜〜!
 姫乃 :改めて<調達>に能力値訓練:【社会】ソフトをD《器物使い》でインストロール! そして「コネ:手配師」付きで調達!
 姫乃 :#6r10+7
  Dice... ... himeno:6r10=(8,8,10,2,8,9)=Critical!!
  Dice... ... himeno:1r10=(6)=16+7=23
 姫乃 :成功です!
 GM :んじゃ、次行きますか。


 途中姫乃の頼みで寄り道したが。
 なんとか着替えを終えた3人組もまた夕暮れの街へ繰り出したのだった。



 3.Middle Phase

 Middle1「屋台にて」
 Place:黒巣市街/商店街の屋台 登場:可能
 Scene-Player:ALL

 GM :登場どうぞ。
 七波 :#1d10+46 登場
  Dice... ... Nanami-M:1d10=(6)=6+46=52
 統太 :#1d10+40
  Dice... ... Touta:1d10=(9)=9+40=49
 統太 :ぎゃー!
 皓 :#1d10+38 滾ってますね……
  Dice... ... kou_t:1d10=(8)=8+38=46
 皓 :あんま変わらなかった(何)
 姫乃 :#1d10+43
  Dice... ... himeno:1d10=(1)=1+43=44
 俊一 : #1d10+34
  Dice... ... Syunichi:1d10=(8)=8+34=42
 俊一 : あら
 七波 :シナリオロイス、■庇護/不安にて感情を指定します。
 皓 :シナリオロイス:一之瀬裕君に ■庇護/不安 で。
 皓 :同じだったようだ。
 七波 :同じでした(何
 GM :二人のロイス設定了解。

 "一之瀬裕"と名乗る少年と偶然行動を共にする事になった二人(PC1)。
 とりあえず屋台でも見て回ろうかと歩き出してしばらくすると、
 見知った顔の珍しい姿(PC2組)を見つけた。


 皓 :「あれ」適当につまみつつ歩こうかー。と同行者二人に林檎飴渡しつつ。やっぱり知り合い多くなるなぁと。
 七波 :「あら?」りんご飴を手に持った巫女さん
 姫乃 :「・・・・・・じーーーーーー」 (渡された祭りのパンフレットを広げて凝視しつつ
 統太 :ゴム風船のヨーヨーとお面とペンライトとホットドッグで武装してる。
 俊一 : 祭りの中とても微妙な顔をしている浴衣姿の少年が一人(何
 統太 :「浮気現場を目撃した。どうしようみんな」(何)
 七波 :「……何が浮気ですか、何が」
 皓 :「統太さんと俊一君と……」もう一人は誰だったっけ。と首を傾げつつ。こんばんは。と頭下げ。
 皓 :浮気? と普通にはてなマーク浮かべておく(何)
 姫乃 :「あ、はじめまして。先日から支部に配属されました、神楽堂姫乃と申します。」
 皓 :「あ。そうなんだ。僕は津嶋皓」宜しく。と微かに頭下げ。
 俊一 : 「・・・あぁ、貴方たちでしたか。お祭り楽しんでるみたいですね。」
 七波 :「……あれ、喫茶店の店員さん…?」首傾げ。
 姫乃 :「以後、お見知りおき下さい。」ペコリときちんと頭を下げる。
 姫乃 :「あ、はい。僭越ながら喫茶店の店員も勤めさせて頂いてます。」
 姫乃 :と言いつつ、視線はどこか揺らいでいる。何故なら、近くに綿飴製造機があるからだ!
 七波 :「……UGNの人だったんだ、世間は狭いわねぇ」しみじみ。
 GM :蒼太「たいりょーたいりょー……あれ、おい皓何処行ってたんだよー。探したんだぜー?」
 GM :両手に一杯射的とかのお土産持った説得力の欠片もない恰好で(何
 皓 :「あれ? 蒼太。……てぇかおまえこそ何処行ってたんだよ」まったくもー、と振り返って悪態つきつつ。
 七波 :「…加瀬先輩…その恰好でどこを探していたと?」(何)
 皓 :「屋台物色お疲れ様」これもらった。と。たこ焼きの包みを蒼太から取り上げて。
 GM :蒼太「いやいや、多分どっかの屋台に居るだろうと思って片っ端からだな……」(何
 GM :蒼太「そして気付いたらなんか可愛い子二人も連れてるし……このリア充め!」(待て
 統太 :「やはりリア充はめちゃ許せんよなぁ!」
 統太 :蒼太に同意。
 皓 :勝手にたこ焼きパックを開けて皆に差し出しつつ。煩いよと軽く蒼太の脛を蹴っておく(何)
 俊一 : 「(…この状態じゃ仕事になりそうにないですね・・・)」
 七波 :「何を言ってるんですか…」頭いたーいと言いつつりんご飴ぱくり。
 GM :蒼太「(ぎゃー)……って、そこの子はどうしたんだ?……ひょっとして隠し子?」さらに妄言を吐く友人(何
 統太 :「まぁ不幸にも今仕事中なわけなんだが」
 姫乃 :「隠し子・・・? て、あら。」
 俊一 : 少年を見る。
 皓 :「誰とのだよこの馬鹿! 迷子だよ」
 俊一 : どこかでみたことありそーななさそーな
 七波 :「隠し子じゃなくて迷子ですよ」
 皓 :「……わたあめじゃないけど、これいる? えと、姫乃さん?」口をつけて無かった林檎飴をほい。と差し出して。
 姫乃 :「あ、はい。ありがとうございます。」少し眼を輝かせつつ受け取りますね!
 統太 :「迷子か。懐かしいな」
 皓 :どうぞー。と姫乃さんに林檎飴渡して。「お姉さんを探しているんだって。一之瀬裕君って言うんだ」
 GM :裕「……あ、僕は"一之瀬裕"っていうんだ。宜しくねお兄ちゃん達」PC2サイドは分かるが、資料の外見イメージと一致するな。
 統太 :はぐれたので先に飛んで帰ったら両親にすげぇ叱られたのを思い出し。
 俊一 : ですよねー(何
 姫乃 :事前に受け取った資料のデータ検索!その子はターゲットと似ていますか?
 俊一 : 「……あー…この場合なんて反応すればいいんだろうね。」
 GM :さっき言った通り、資料の外見イメージと一致しますな。
 姫乃 :了解です!
 俊一 : なにこの引き合わせ(何
 GM :蒼太「ですよねー。まあ適当言っただけなんだが」すぐ復活し(何
 統太 :「まー元気出せ。たこせんでも食べるか?」
 統太 :気付かずに裕に渡す。
 GM :裕「あ、ありがとう!」受け取って食べ始める。
 GM :蒼太「とりあえずなんだ。皓達も遊んでいったらいいんじゃねーの。屋台回ってたらそのうちお姉ちゃんってのも見つかんじゃないか?」
 姫乃 :「早速、ターゲットと接触しましたね。このまま同行した方がよろしいようですね。」ボソボソと久能君と九衛さんに
 俊一 : 「(そうした方がよさそうですね(と、返し))
 統太 :「…………ああ、やること覚えてたけど顔すっかり忘れてた」(何)
 俊一 : 「……始末書10pほど追加ですね。」
 皓 :「ところで何かあったのですか?」たこ焼きを裕君と勝手に完食しつつ。面子も面子だしと。
 GM :たこ焼きについては何も言わなかった。そうされるのわかってるだろうしな(何
 皓 :さすが親友だな(何)
 七波 :流石だ(何
 姫乃 :えと^^;)
 姫乃 :「お姉ちゃんを探しているのですか。もしよろしかったら、私達もお手伝いしますが?」どうですか?と首を傾げ
 七波 :「手伝ってくれるなら、助かりますよ」と姫乃に
 七波 :「で、久能さんがいるってことは…」なんとなく面倒事なんだろうなー、とか。
 俊一 : 「まぁ、流石に僕がここにいるのは不自然ですからね・・・」(と、こそこそ事情説明)
 皓 :「お前単に遊びたいだけだろそれ……まぁそのつもりで来たんだからいいけどさ」軽く蒼太をにらみつつ、それ以上は言わない。

 GM :まあ任務はとりあえず一旦わきに置いて、ここではPLが参加できる出し物が4つほどあります。(何
 皓 :ほうほう。
 七波 :ほほう
 姫乃 :あら
 GM :それぞれ判定で一定以上の達成値を出すと、このセッションのみで有効なアイテムが手に入ります。
 皓 :ふむふむ。
 皓 :取り敢えず出し物と言うのは何でしょうか。
 俊一 : 侵食率が下がるとかですか!(何
 GM :判定は下記の通り。

 GM :・早食い:[肉体]技能で判定。
 GM :・射的:<射撃>技能で判定。
 GM :・型取り:<意志>技能で判定(集中力をイメージ)。
 GM :・くじ引き:1d10を振ってもらう。出目が高ければアイテムゲット。

 GM :この4つです。
 皓 :なるほど。各アトラクションに挑戦できるのは何人までとかってあります?
 GM :各アトラクションへの挑戦は何人でも構いませんが、判定は一人1回の一発勝負です。
 皓 :おういえー。なら全員で遊ぶのがいいかもですね。
 皓 :人数いれば誰かしら成功するでしょうし。
 七波 :ですかね、不利だとしてもそれはそれで一興(何
 皓 :ですね。 <不利でも
 GM :まあそんな感じで。やるアトラクションを宣言して振ってみたら良いんじゃないかな!(何
 姫乃 :了解です!
 皓 :上から順番にやってみるかね!
 七波 :いこうか!
 GM :ああ、済まない。
 GM :追記。複数の人が同じアトラクションを選ぶのは構いませんが"選択できるのは一人一つだけ"です。
 GM :>一人が早食いと射的両方やる、とかいうのはダメ
 皓 :ああ。なるほど。
 皓 :ではひとりひとつだけを選択ってことですね。
 GM :です。
 皓 :はーいさ。
 皓 :5人いるからくじ引きは二人で出来るかもですね。こればかりは運ですし。
 統太 :だな。
 皓 :「まぁ、取り敢えず適当に遊んでみようか」言いつつ見回し。目についたものに皆を誘導してみた。
 七波 :「ですね」
 統太 :「さぁチルドレン組も遊ぶんだ」
 姫乃 :「そうですね。」(ウズウズ
 姫乃 :「こ、これも任務の一環ですしね・・・・」(ウズウズウズー!
 皓 :「姫乃さん何かやりたいのあるの?」なんかそわそわしている人に先ず声をかけて見た。
 姫乃 :「・・・えぇと。では、あの”型取り”とかいうものに挑戦してみようかなと。」キョロキョロと見渡しまして
 姫乃 :指で屋台を指し示しますね。
 俊一 : 「やたらと遊びになると張り切ってますね、貴方は・・・」
 七波 :「あたしはまー…縁起担ぎに」お金ちゃりーんと払ってくじ引きにチャレンジ
 七波 :#1d10 そーれい
  Dice... ... Nanami-M:1d10=(2)=2
 皓 :「ん。やってみなよ」こく。と姫乃さんに頷きつつ。
 七波 :アッー
 皓 :ありゃりゃん。
 皓 :あ。そういえば。と悠君を見て。「訊いてなかったけど、お姉さんの名前って何だったっけ?」目線を下げて尋ねてみた。
 統太 :「終と進も言ってたけど、お前には遊びが足りないんだよ。年中張りつめてるといつか切れるぞ?」
 統太 :久能に顔を向け。
 GM :裕「美織(みお)っていうんだ。これが姉ちゃん」と写真を見せてくれる。
 統太 :どんな姿かな。
 皓 :ふぅん。と写真を受け取りつつ。見て。「じゃ、気にかけておくね。裕君も今のうち、何かしら遊んでみるといいよ」行って写真を返し、軽くその頭を撫でた。
 GM :長めの茶髪の活発そうな印象。多分大学生くらい。
 統太 :ふむ。
 俊一 : 「……わかってはいますけど、ね…。」
 GM :まあ此方のサイドでは正直いまのとこ関わりないが(オイ
 皓 :へーい(何)
 統太 :「お義兄ちゃんって呼んでいいんだよ」(何)
 俊一 : そう簡単に変えられないのが久能という人間である
 皓 :「統太さん落ちついてくださいよ」(何)
 俊一 : 「首くくって三途の川泳いでください。」
 俊一 : >とーたちん
 統太 :「脱衣婆から『金やるからもう来るな』って追い返されたよ」(何)
 皓 :まぁともあれ。と、屋台の方に駆け込んだ姫乃さんに視線を移した。
 GM :裕「うん、そうしてみるよ」とりあえず七波さんの方へ駆けて行く。統太さんの言葉はするーされた(何
 GM :まあ残りの人も振って見ると良い(何
 統太 :んじゃ大食いを。
 統太 :#7r10
  Dice... ... Touta:7r10=(2,1,9,7,9,5,8)=9
 皓 :では僕は射撃で。
 統太 :明蓮みたいに腹ごしらえして挑んだのが不味かったか。
 姫乃 :あらw ^^;)
 皓 :「じゃぁ僕はこれでも……銃とかって慣れてはいないんだけどなー」呟きつつコルクの銃を構え。まぁ素で行きます。 #8r10
  Dice... ... kou_t:8r10=(2,2,10,10,3,8,9,9)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:2r10=(7,4)=17
 皓 :おお。回った。17で。
 姫乃 :さすがたつき神です!
 俊一 : そして本日の30は誰になるのか・・・
 統太 :縁起でもない(何)。
 皓 :適当にやってもそこそこのものをゲットしたようだ。多分。
 皓 :残りの人もどぞー。
 姫乃 :では、型抜きに挑戦させて頂きますね。
 姫乃 :意思〉に能力値訓練:【精神】ソフトにD《器物使い》でインストロール!
 姫乃 :指先の感覚に集中!UGNでの電子部品を扱う作業の訓練を思い出します!
 姫乃 :#3r10+5 ていやー!
  Dice... ... himeno:3r10=(7,6,8)=8+5=13
 皓 :おー。
 姫乃 :「6歳で病気に倒れ・・・11歳まで入院生活でした。リハビリ期間も含めて訓練生活で3年ほど。」
 姫乃 :「・・・実質、私には3年間しか日常への経験がないのです。」 ひたすら目の前の作業しつつ、ポツリと呟きます。
 俊一 : 「綺麗にいけましたね。」
 姫乃 :以上で〜
 俊一 : じゃあ最後にあちしはくじをする。
 俊一 : #1d10 
  Dice... ... Syunichi:1d10=(2)=2
 皓 :「凄いな。細かい作業巧いんだね」へぇ。と素直に感心した。
 統太 :2……。
 俊一 : そして運が悪い奴その2
 GM :えーと。これで全員か。
 俊一 : 「くじなんてそんなものですよ。
 皓 :凶しか入って無いんじゃねこのくじ(何)
 姫乃 :あらw
 GM :ちゃんと設定してますって……まあ久能君と七波さんは残念ながら両方外れたが(何
 俊一 : 運 ですからな
 皓 :ですな。こればかりは仕方ない。
 GM :津嶋君は[ラッキーメダル:ブラック] (感覚判定達成値+1)。
 姫乃 :ですね
 俊一 : 流石にこれで重要アイテムだったら笑うしかないけどなwwww
 姫乃 :あらw
 皓 :(げっとー)
 GM :姫乃さんは[CランクT] (指定したエフェクト一つの侵食率-1。レベル低下は今回適用しなくて結構です)
 姫乃 :あ、ありがとうございます!!
 GM :統太さんも残念ながら無し。
 俊一 : 「…なんでこんなものが夜店にあるんです・・・?」
 統太 :残念。
 GM :まあ実際にはその効果を持つ相当品ですがな(アクセサリーとかお菓子とか)
 俊一 : 当たった二人のアイテムを見て
 俊一 : ぶw
 皓 :感覚欲しい方います?
 姫乃 :う、う〜ん。それでは《コンセ:ノイマン》を指定させていただきますね!
 俊一 : いらぬぇ
 姫乃 :>賞品
 統太 :うちも。
 姫乃 :私も必要ないですね
 七波 :じゃあ一応貰っておきまっさ、感覚4だし
 皓 :このメンバー射撃はいないのですよね……では取り敢えず僕が持ってますか……と。
 GM :姫乃さんの指定了解です。
 GM :あと、必要に応じて受け渡しして構いませんので。
 GM :>アイテム類
 皓 :では七波さんに。「ペンダントとかって使わないからなぁ。これ。あげる」言って、七波さんに差し出した。
 七波 :「あ、ありがとうございます…」はれで若干落胆していた気分が軽くなった。
 GM :裕「お菓子の詰め合わせもらったから、兄ちゃん達に上げるよ」一緒に戻ってきた。
 皓 :「あ、凄いな。ありがとう」おもちゃだけどねー。と軽く笑いつつ。裕君の声に振り向いて。
 七波 :「あら、いいのかしら」
 俊一 : 「(さて、このまま今日が終れば大万歳なんでしょうが・・・)」外れの品くるくる回しつつ
 皓 :んじゃこれもらうね。とイカ串取り上げつつ。
 七波 :では最後に調達に挑戦。覚悟のさらし(目標値30)にて
 姫乃 :「あら、では遠慮なく頂きますね。」 型抜きで貰ったアクセサリーを指先で撫でつつ
 七波 :#5r10+12 手配師使用
  Dice... ... Nanami-M:5r10=(4,5,6,1,4)=6+12=18
 七波 :間違った、+8で26。財産点4入れて30に
 姫乃 :おめでとうございます!
 統太 :ちょうど買えたか。
 統太 :おめでとー。
 俊一 : おめめ
 七波 :巫女服の下に装着済みでした(何
 GM :おー。
 GM :蒼太「なんか今日はついてるなー」はっはーとさらになんか景品が増えつつ戻ってくる(何
 皓 :「蒼太……今度は何して来たの」こいつはー。と顔上げて。
 GM :蒼太「いやー。射的とかやったら結構上手く当ったんだよ……ところでさ、皓」ふと真顔で。
 皓 :「それは良かったね……何?」
 皓 :おや? と様子の変わった友人に軽く首かしげ。
 GM :蒼太「……これ、持って帰る時どうすればいいと思う」真顔でなんか言った(何
 皓 :「……」
 七波 :「………」
 統太 :「頑張れ」
 姫乃 :「・・・・・・・・・」
 皓 :勝手にしろとそっぽ向いた(何)
 俊一 : 「(駄目だこの人ら・・・)」

 ――そうして、祭りの夜は更けていく。




 Middle2「優しい記憶」
 Place:黒巣市街/商店街広場 登場:不可
 Scene-Player:"正位置の太陽" 津嶋皓&"ウンディーネ" 水守七波

 GM :登場どうぞ。
 七波 :#1d10+52 登場
  Dice... ... Nanami-M:1d10=(7)=7+52=59
 皓 :#1d10+46
  Dice... ... kou_t:1d10=(3)=3+46=49
 皓 :よしよし。49%

 祭りを満喫する一行。
 ……気付いたら周りからさっき会った&連れ添っていた仲間の姿が見当たらず。
 この場にいるのは裕と君達二人だけとなっていた。


 GM :裕「……他の兄ちゃん達、何処行ったんだろ」あれー。と周りを見回す少年。
 皓 :あれ。またはぐれたのかー。と周囲を見回し。
 七波 :「………あれ?」きょきょろ
 皓 :「人ごみだから仕方ないよ。またその内合流するんじゃないかな」
 七波 :「…まぁ、どうとでもなりますよね」
 GM :裕も頷く。
 皓 :「ちょっと休もうか?」言って、人ごみの少ない垣根の、座れそうな場所を指差した。
 七波 :「そうですね、ちょっと休みましょうか」ふぅ、と息を吐く。
 GM :もう一度うなづいて、垣根の所に歩いて行って先に座る。
 GM :裕「……でも、やっぱり懐かしいなあ。ここって」
 皓 :「あれ、久し振りに来たの?」
 七波 :「あら、ここの出身なの?」
 皓 :ほい。と来る道すがら、ラムネのビンを人数分調達して二人に渡しつつ、ちょっと離れた向かいの石に座る。
 GM :裕「うん。元々ここに住んでたんだけど、一月ほど前に引っ越したんだ」
 七波 :「あれ、じゃあ今だけこっちに戻ってきて?」
 皓 :「なるほど……夏休みだから遊びに来たって感じかな」友だちもこっちにいるだろしなぁ。と。
 GM :裕「……そんなところ、かな。姉ちゃんとか友達と毎年此処に来てて……楽しかった思い出が多いんだ、ここ」
 GM :少し、笑顔に影が差しつつ。
 皓 :「そっか」些か年齢にそぐわないその様子と表情に微かに首を傾げつつ。
 皓 :「いつもの友達と一緒じゃなくて寂しいとか、かな。──……早くお姉さん見つけないとね」
 GM :裕「……といっても、引っ越してからは電話とかしてないし、家族も……姉ちゃんだけになっちゃったし」
 七波 :「……」影が差してるのに気付き、間から逃れるかのようにラムネを一口飲む。
 GM :裕「その姉ちゃんとも、数日前に離れ離れになって……此処に来れば、きっと逢えると思ったんだ」
 皓 :ひとりになった。その言葉に軽く目を見張りつつも、深くは言及せず──あれ? と。
 皓 :「ここではぐれたんじゃないの?」
 七波 :「そ、そんな前からだったの?」
 GM :裕は黙ってこくりと頷く。
 皓 :「あれ、それは呑気に遊んでる場合じゃ無かったかな」やば。と焦りつつ立ち上がって。
 GM :裕「皓兄ちゃん達は悪くないよ。……言わなかった、僕のせいだし」
 七波 :「そうね、まさかそんなに立ってるとは思わなかったわ…」
 GM :ごめん、と。顔を伏せて。
 皓 :「いや、こっちもちゃんと聞かなかったのが悪かったし……。じゃ、お姉さんも心配してるよね」
 皓 :「これは早く何とかしないと」
 皓 :言って。手の瓶のそれを飲み干して立ち上がる。
 皓 :「行こうか。この場所で心当たりとかありそうなとこ、教えてよ。裕君」
 七波 :「そうですね、行きましょうか」苦手ながらも炭酸を一気に飲み干して立ち上がる。
 GM :裕「わかった……ありがとう、皓兄ちゃん。七波姉ちゃん」 影は晴れる事はなかったが、それでも裕は笑ってそう答えた。
 皓 :「どういたしまして。じゃ、行こう」改めて手を伸ばし、その小さな手を取った。
 七波 :「そうね」無意識にもう片方の手を取る。

 ――そうして3人はまた歩き出す。
 後で気づいた事だが、二人の(皓は終わった後に気付いたが)端末には支部から一つのメッセージが届いていた。
 「夏祭りの会場に紛れ込んだ実験体の回収にFHが動きだした模様。十分に警戒を」と。




 Middle3「不穏な影」
 Place:黒巣市街/商店街裏通り 登場:可能(情報収集あり)
 Scene-Player:"考える苦労人" 久能俊一&"踊る剣姫" 神楽堂姫乃&"天駆ける龍" 九衛統太

 GM :登場どうぞ。
 統太 :#1d10+50
  Dice... ... Touta:1d10=(7)=7+50=57
 姫乃 :#1d10+44 はわー!
  Dice... ... himeno:1d10=(10)=10+44=54
 姫乃 :あう><
 統太 :一品マジで買わんとな。
 GM :くのーくん。登場しないと(ry
 俊一 : #1d10+42
  Dice... ... Syunichi:1d10=(5)=5+42=47
 俊一 : まぁ、普通

 気付いたらさっき会った連中がいなくなっていた。
 ……まあその内逢えるかもしれんが、とりあえず探すだけ探すかと
 歩き出した所で。
 
 ――明らかに異なる雰囲気を纏ったスーツ姿の女性と通りすがった。
 振り向くと彼女はくすりと笑うと、すぐ傍の路地裏に消えていく。
 GM :

 統太 :「……どう思う?」
 姫乃 :GM様、《プロファイリング》は可能ですか?
 GM :見覚えがあるかどうかですかね。
 俊一 : 「…予想の範囲内だと思いますよ。」げんなり  まぁ、侵食率きつそうだったら内が使うけど<プロファ
 姫乃 :そうですね、それで大丈夫だと思います。
 GM :ならまあ見覚えはある。FHエージェントの一人。
 姫乃 :いえ、イージーエフェクトですので、侵蝕率は大丈夫ですw
 姫乃 :なるほど、了解です。
 俊一 : ・x・) あぁ、そっちか
 姫乃 :「・・・・データと照合しました。どうやら、FHエージェントのようですね。」眼をすうっと細めつつ
 俊一 : で、そこから先の情報は判定ということか。インスピ使おうが(何
 GM :うん、まあ後でやってくれというが(何
 姫乃 :問答無用ですね!w
 俊一 : 「でしょうね。という事で祭りの時間は終了です。仕事をこなしましょうか」
 統太 :「無粋な真似しやがって」

 GM :では後を追うと、彼女はその場にいた。
 GM :――君達を待っていたと言わんばかりの顔で。

 GM :??「"ThinkTime"に"Terpsichora"……あとは"LastDragoon"。流石に勘は働いているみたいね」
 姫乃 :「・・・・さて。トラップにしては稚拙な誘導だと思いますけど?」
 GM :??「一応自己紹介しておこうかしら。"新井智恵"。立場としては研究員ね。……何処のとは言わないけれど」
 GM :まあ、予想はつくわよね?と言いたげに言葉を切って。姫乃の皮肉は笑って流す。
 GM :智恵「貴方達を誘ったのは。ちょっと交渉したい事があったから」
 統太 :「言っとくが金はないぞ」
 俊一 : 「──乗るとでも?」
 GM :智恵「お金じゃないわよ。……まあ、とりあえず単刀直入に言うと」
 GM :智恵「貴方達、"一之瀬裕"っていう子と一緒に行動してるみたいだけど。彼を引き渡してほしいの」
 GM :智恵「あの子は危険かつ不安定な実験体だったから厳重に管理してたのだけど。不本意ながら逃げられちゃってね」
 GM :こちらとしても困ってるのよ。と。
 GM :智恵「立場としてはUGNに渡すわけには行かないけど。争うのも面倒なのよね。私はただ研究したいだけだし」
 GM :智恵「だから交渉。普通にあの子を回収させてくれれば此方は何もしないでそのまま帰るわ」
 GM :智恵「危険な実験体はこの街から居なくなるし、貴方達はそのまま祭りを楽しめる。悪い話ではないと思うのだけど」
 GM :どうかしら?と言いたげに言葉を切る。
 姫乃 :「・・・・それだけでは渡すことはできませんね。 何故危険なのか、の情報の提示がない限り、安易には引き渡すことはできません。」
 統太 :「はいそうですかって首振る連中じゃないのは、お前らの毎年の忘年会に遺影で出席する人間が多いので分かってると思うが」
 GM :智恵「戦闘に特化したレネゲイドビーイングの実験体。かつ暴走の可能性が高い……それだけじゃ理由にはならないかしら」
 俊一 : 「ストレートな提案は割と好きなほうですが、残念ながら交渉の仕方としては落第です。ノゥとだけ言わせていただきます。」
 GM :智恵「予想はしていたし交渉は苦手なのは自覚しているけれど。……貴方達も意外と頑固なのね」
 GM :智恵「……それとも任務に忠実、というべきかしら」
 姫乃 :「・・・・・・こう言っては何ですが。荒事に慣れている方が5人もいるのです。単純に戦闘能力が高いからでは引き渡せませんね。」
 俊一 : 「第一、そんな危険な実験体引き渡して完成されたらそれこそたまったものじゃありません。」
 統太 :「お前らの首持ってきゃエロゲと交換してくれるステキな職場だからな」
 GM :智恵はため息をつく。まあそんなところだろうと言いたげに。
 GM :智恵「交渉は決裂、と。……まあ、もし考え直してくれる気があるなら次に来たときに黙って見てくれていればいいわ」
 GM :智恵「それで約束は守ってあげる。……あまり時間もないから。それじゃ、"またね"」
 俊一 : はいはい瞬間退出瞬間退出(何  ってことで退出ですねわかります
 GM :《瞬間退場》を宣言。影が彼女を包みこみ、それにまぎれて姿を消す。
 統太 :「弱ったな、ウロボロスか」
 俊一 : 「どうせ次にあったときはインフィニティコード云々講釈たれながら襲い掛かってくるんでしょうね。」
 GM :まあ、ここらで情報項目挙げるが。
 GM :OK?
 統太 :OK。
 GM :・"一之瀬裕" 情報:UGN or FH
 GM :・"新井智恵" 情報:UGN or FH
 GM :まあこの二つだけ何だが。
 姫乃 :あらw
 俊一 : まぁ、二人頑張れ
 GM :先に言うと、くのーくん君は後の方が良いと言っておく。
 俊一 : どうせ工作員ってオチがありそうだ品!
 GM :(目を)(逸らした)(何
 姫乃 :www
 姫乃 :では、お先に失礼しますw
 姫乃 :一之瀬裕 君を挑戦させて頂きますね!
 姫乃 :<情報:UGN>6に「サポートプログラム」をD《器物使い》でインストロール!そして「コネ:要人への貸し」使用! 
 姫乃 :#8r10+10
  Dice... ... himeno:8r10=(3,3,8,1,1,9,8,5)=9+10=19
 姫乃 :以上でした!
 GM :はいはいオールグリーンオールグリーン(何
 統太 :んじゃ残りを。
 統太 :#2r10
  Dice... ... Touta:2r10=(9,4)=9
 統太 :財産点3つかって12。
 GM :それでオールグリーン。んじゃ情報出すよ(何

 ◇"一之瀬裕"
 1-5:
 1か月前まで黒巣市に住んでいた少年。黒羽学園中等部所属。
 両親と妹を事故で亡くし、それをきっかけに別の市の学校へ転校したとされている。
 肉親としては姉が一人いるらしい。
 5-10:
 実際には1か月前の旅行の際に一家丸ごと事故と見せかけてFHに拉致され、
 非人道的な実験の被検体にされOV化している。その際に父親と妹はジャーム化の末処分され、
 母親は残った姉弟を逃がした際に実験施設の崩落に巻き込まれ死亡したとされている。
 シンドロームはブラックドッグ/ソラリス/サラマンダー。
 11-:
 実験等の一連の状況が引き金となりOV化したが、RVによる変化に身体がついていけずに
 一旦は死亡し、実際にはRB化した上で生存している(Dロイス:転生体)。
 ただし、覚醒したその状況上かなり不安定で、唯一残った(と思われる)肉親である姉との
 思い出に縋り理性を保っているような状態である。
 (ロイス枠で言うと、D2(転生体+優しい奇跡)/タイタス3(両親+妹)/S1(姉/弟との思い出)/空き枠1)
 またDロイス:優しい奇跡を所持するが、これも使用すると存在自体が消えかねない程不安定な状態である。
  
 ◇"新井智恵"
 1-5:
 FHのエージェント。コードネーム"虚栄の林檎(Big Apple)"。
 研究セル「ツータイム」所属。艶然とした雰囲気を持つ。
 典型的なマッドサイエンティストで、研究の為には非人道な行為も平気で行うような人物。
 6-10:
 現在はレネゲイドビーイングへの変化について研究しており、その為に時折一般人を
 拉致し非人道的な実験を行っているが、その内の殆どはジャーム化及び死亡している。
 そして貴重な成功事例の実験体2名を逃がしてしまった為に連れ戻そうとしてこの街にやってきている。
 11-:
 シンドロームはウロボロス/ソラリス。
 RCによる地形操作や幻覚、相手の攻撃の模倣等による撹乱、攻撃を得意とする。
 衝動は[破壊]。
 
 GM :で、これ以上は[Information Closed]と。意図的に妨害されている様子。
 俊一 : ですよねー
 統太 :出番だくのうちん。
 七波 :頑張れ久能さん(何
 GM :出したきゃ[精神]で40出して貰おうか(何
 俊一 : ちょwwwww
 皓 :40(笑)
 俊一 : クララちんかもーん!w
 統太 :おいィ!?
 七波 :久能さんなら行ける行ける(何
 GM :おまい。30なら割とあっさり成功するだろ!(何>くのーくん
 俊一 : ・・・まぁ、あちしも似たような事やったけどな
 七波 :因果応報という言葉が(何
 姫乃 :対くのー君対策www >目標値:40
 俊一 : Hahaha
 俊一 : じゃあいくか
 皓 :まぁなぁ…… <因果応報とか対処とか
 俊一 : <コンセ:ノイマン+知識の泉> 侵食47→51
 俊一 : #12r7+7
  Dice... ... Syunichi:12r7=(6,10,9,4,3,2,3,3,1,5,9,4)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:3r7=(10,8,8)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:3r7=(3,10,4)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:1r7=(8)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:1r7=(6)=46+7=53
 俊一 : ・x・) 何も問題はなかった
 皓 :流石……!
 統太 :あっさり行ったな(何)。
 GM :ほら見ろ!(何
 七波 :流石事務系チルドレン(何
 俊一 : あ、ごめん意思じゃなかったから−7つっても出目だけでクリアしてるがな
 GM :つーわけで追加。

 いざとなった時の為に、実験体には暴走の上自爆するように細工をかけており、
 必要に応じて装置を介して発動できるようにしている。
 但しこれは装置を介するものなので妨害が可能(判定ルールはCXにて)。


 GM :今度こそ以上。
 統太 :「『この程度で隠蔽ですが。無能ですね連中』って顔してるなくのうちん」(何)
 姫乃 :「・・・・さすがは久能君ですね。」素直に拍手
 俊一 : 「……以前のエージェントよりは工作してるみたいですよ。ある程度資金もばら撒いてるみたいですし。」
 姫乃 :「それでも、ここまで突破できるのは貴方だけだと思います。流石は資料室の方々ですね。」 と進さん、終さんを思い出しながら
 俊一 : 「いや僕資料室の面子じゃないですからね。一応いっておきますが」
 俊一 : 即反応である(何
 姫乃 :「・・・あら?そうなのですか?」でも、よくいますよねと頭に?マーク浮かべ
 姫乃 :「そろそろ七波さん達と合流しましょうか。」
 俊一 : 「ですね。間違いなくあれの接触があるでしょうし。」
 統太 :「妨害入るのは間違いないだろう。急ぐか」
 俊一 : ・・・一応調達しとくか。きな臭くなったし
 GM :どぞ。
 俊一 : ぱーいるふぉーめいしょん!
 俊一 : もといパイルバンカー
 GM :お前もか(何
 俊一 : #2r10+10
  Dice... ... Syunichi:2r10=(8,4)=8+10=18
 俊一 : まぁ、所持してるだけですが(何
 GM :あいよ(何


 姿を見せ始めた不穏な影を追い、再び祭りの場へ戻る。
 ――心なしか、その楽しげな明かりがくすみ始めているような気がした。




 Middle4「喧騒の中で」
 Place:黒巣市街/商店街広場 登場:強制
 Scene-Player:ALL

 GM :登場どうぞ。

 俊一 : #1d10+51
  Dice... ... Syunichi:1d10=(5)=5+51=56
 七波 :#1d10+59 登場
  Dice... ... Nanami-M:1d10=(5)=5+59=64
 皓 :#1d10+49
  Dice... ... kou_t:1d10=(5)=5+49=54
 姫乃 :#1d10+54
  Dice... ... himeno:1d10=(7)=7+54=61
 七波 :DB突入ー(何
 姫乃 :同じく><
 統太 :#1d10+57
  Dice... ... Touta:1d10=(3)=3+57=60
 統太 :俺もー(何)。
 俊一 : 珍しくあちしの侵食率が低め。CXで化けるんでしょうけどな!w
 GM :
 姫乃 :ふみゅ、どうしようかな
 姫乃 :裕君のいる場で情報を流すというのは避けてきたのですが >自身がRBだと気づかせないため
 統太 :個人的な意見としては。
 統太 :暴走させるためにあのババアがぶちまける可能性が高い。
 姫乃 :なるほど


 ――しばらく商店街を巡って十数分が過ぎて。
 離れていたメンバーが合流した直後――唐突に世界が色を失う。
 《ワーディング》。
  
 ――その直後、突如裕のすぐ傍に現れる気配。
 ――気付いた時には、もう遅かった。


 GM :智恵「……さて、そこの子たちには出逢ってそうそう悪いけれど。この子は連れて行かせて貰うわね」
 皓 :「え……誰だ!?」
 七波 :「───なっ!?」
 GM :ぐったりした裕を抱えて、艶然と笑う"Big Apple"新井智恵――FHエージェント。
 統太 :「待てよババア!」
 俊一 : ババァーン!(何
 皓 :「ちょっと、何だよ、それ!?」
 GM :智恵「ババアとは失礼ね。……それに、待てと言われて待つとでも?」影を操り、急激に距離を離していく。
 姫乃 :「・・・なっ!? 予想より早く動きましたか!!」 眼を見開いて
 皓 :「貴方が裕君のお姉さんと言う訳じゃ……ちょっと待って!」
 七波 :「く、追わないと…!」
 皓 :そのまま離れる様子に場から走り出そうと。
 俊一 : 「意外と行動早いですね。」
 GM :智恵「何かはそこの子達に聞くと良いわ。時間がないの。それじゃあね」皓にはそう言い放つ。
 GM :というわけで、FS判定行くがOK?
 姫乃 :了解です
 統太 :OK。
 七波 :OK
 皓 :状況が解りませんが裕君を渡しちゃいけないとは解りました!
 皓 :ということでOKです。
 俊一 : おk
  
 ▽目標「逃げるボスに追いつけ」
  ・判定:[肉体]8
  ・最大達成値:30 進行値:20
  ・強制終了条件:3ラウンド経過(ただし、終了時の進行判定実施回数により分岐あり。注意)
  ・ハプニングチャート:デフォルト(IC:p24参照)使用。
  ・支援行動:<知覚>
  ・IV:皓(20)→統太(17)→七波(15)→俊一(14)→姫乃(5)
  
 皓 :よし得意分野!
 統太 :同じく!
 GM :こんな感じ。
 俊一 : 苦手すぐる
 七波 :同じく苦手すぐる
 姫乃 :了解です
 姫乃 :念のためにご質問です
 GM :はい。
 姫乃 :《加速装置》は使えますか?
 GM :許可します。
 姫乃 :まぁ、使っても行動値順番は変わらないのですが!(今、気づきました
 俊一 : だめじゃん!
 姫乃 :ありがとうございます!
 七波 :おま(何
 姫乃 :あううーーーー(涙
 GM :てわけで、進行行きます。

 GM :<Round-1>
 
 GM :#1d100 [ハプニング]
  Dice... ... GM_HovB:1d100=(65)=65
 GM :ラウンド中最大達成値+10(何
 俊一 : ・x・)
 皓 :お。最大達成値が増えた。
 姫乃 :あるかなきかのチャンスw
 統太 :よし!
 姫乃 :>65
 
 [セットアップフェイズ]
 皓 :これは遠慮する必要がなくなったね。
 姫乃 :今回は使用しません!
 俊一 : なし
 七波 :なし!
 皓 :無し。
 統太 :ないなぁ。

 ▽Action:"正位置の太陽" 津嶋皓(20)
 皓 :冒頭だから肉体判定でいいのですよね。
 GM :はい。
 皓 :飛ばしていくよ。《電光石火/コンセントレイト:HM》を組んで判定。
 GM :どぞー。
 皓 :「裕君!」姿が見えなくなっても尚、その名を呼び。駆け出す。 #14r7
  Dice... ... kou_t:14r7=(8,7,3,8,4,2,4,3,3,9,1,2,8,8)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:6r7=(10,6,5,9,1,7)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:3r7=(9,8,10)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:3r7=(2,4,7)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:1r7=(9)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:1r7=(4)=54
 皓 :っし。カンスト。
 GM :ぱねえ(何
 俊一 : ・x・)
 七波 :ぱねー(何
 姫乃 :あらww
 統太 :スゲェ。
 俊一 : +5だの
 皓 :進行度はこれで5かな。侵蝕は60%になって。ダメージ。 #1d10-44
  Dice... ... kou_t:1d10=(4)=4-44=-40
 皓 :よし、40と。
 GM :Prize:5/20 [Event]
 
 裕に追いつけそうになった所で、更に人混みが多くなり、確認が困難になる。
 どうやら幻覚の能力を併用して紛れ込み、姿を隠そうとしている様子。
 以降の判定を<知覚>10へ変更。
 
 ▽Action:"天翔ける龍" 九衛統太(17)
 GM :行動どうぞ。
 皓 :「……邪魔くさいな……皆さんも、お願いします!」歯噛みしつつ、周囲に声をかけた。
 統太 :#2r10+1
  Dice... ... Touta:2r10=(5,5)=5+1=6
 統太 :成功するかー!
 GM :残念ながら0。

 ▽Action:"ウンディーネ" 水守七波(15)
 GM :行動どうぞ。
 七波 :#5r10+1 アクセサリ込
  Dice... ... Nanami-M:5r10=(1,1,10,1,9)=Critical!!
  Dice... ... Nanami-M:1r10=(6)=16+1=17
 七波 :17と出た
 姫乃 :おめでとうございますw
 七波 :あ。+2だから18…変わらないか
 皓 :おーし。
 俊一 : まぁ、成功する事に意味がある
 姫乃 :《妖精の手》どうしましょう?
 統太 :温存してたほうがいいかも。
 皓 :余裕があるなら上げてもいいとは思う。
 姫乃 :久能君も感覚苦手ですよね
 統太 :ラストのフラグに不安もあるので。
 七波 :では《妖精の手》1発切ります、侵蝕率68%
 七波 :#1r10+22
  Dice... ... Nanami-M:1r10=(10)=Critical!!
  Dice... ... Nanami-M:1r10=(1)=11+22=33
 皓 :では後で使用の方がいいかな。此方は少なくとも肉体と感覚についてはC低下で判定できます。
 七波 :よし!
 皓 :お。回った!
 俊一 : 4pに(’’
 GM :Prize:9/20 と。

 ▽Action:"考える人" 久能俊一(14)
 俊一 : イベントは起きなかったか(’’
 GM :行動どうぞ。
 七波 :「…──あたしの領域で、簡単に逃がすとでも」
 俊一 : んー
 俊一 : いま姫のンに任せるか自分で天才使って稼ぐか考え中
 姫乃 :感覚は苦手なので
 七波 :姫乃さんもそんなに知覚は高くなさそう
 姫乃 :失敗する可能性がありますね
 俊一 : あちしは感覚2、知覚0じゃ!w
 俊一 : <ただし天才でFらない限り成功はする
 皓 :……支援がいいかも。+3出来ますし。
 皓 :<次の人の行動に。
 皓 :あ。ちなみに支援判定技能は何でしょうか?
 俊一 : 知覚じゃなかったけ?これも
 俊一 : <変わってなけりゃ
 皓 :あー。だとしたら意味ないですね。目標値も同じになりますし。
 姫乃 :なのです><
 俊一 : んだに
 俊一 : しょうがない
 俊一 : 振るか
 皓 :それがいいかと。
 姫乃 :お願いします><
 俊一 : #2r10
  Dice... ... Syunichi:2r10=(9,6)=9
 皓 :惜しい……!
 俊一 : で、天才使って一応+10しとくか。10で起こらなかったら
 統太 :惜しい!
 俊一 : ・x・) なくね!w
 俊一 : という事で達成19
 皓 :起きると信じましょう!
 姫乃 :泣きますね!w
 俊一 : #1d10+56
  Dice... ... Syunichi:1d10=(9)=9+56=65
 俊一 : ヒャッハーだ椅子ボーナスだ
 GM :Prize:11/20 [Event]

 神社のある丘近くまで追い詰めたが、更に奥へ逃げ込んでいく。
 さらに影を操り、地面を崩すなどして邪魔をしてくる。
 以降の判定を<回避>10へ変更。

 姫乃 :・・・・素で勝負です><
 姫乃 :#9d10
  Dice... ... himeno:9d10=(3,7,6,5,9,2,6,4,9)=51
 姫乃 :あ、間違い><
 俊一 : まーまてよw
 七波 :9か(何
 GM :振り直しなさいな(何
 姫乃 :どうしましょう?振りなおしましょうか?それとも、9で確定しましょうか?
 皓 :振り直しが認められないとそうですな。
 姫乃 :あ、はい ありがとうございます><
 皓 :GMが振り直してもいいって!
 姫乃 :#9r10
  Dice... ... himeno:9r10=(2,2,4,9,3,1,2,2,10)=Critical!!
  Dice... ... himeno:1r10=(6)=16
 統太 :よし!
 七波 :おめでとう!
 皓 :おし!
 姫乃 :ありがとうございます!
 GM :Prize:13/20

 [クリンナップフェイズ]
 GM :無いよな(何
 統太 :ないよね。
 皓 :無しですね。
 姫乃 :ありませんねw
 七波 :なし
 
 <Round-2>
 GM :#1d100 [ハプニング]
  Dice... ... GM_HovB:1d100=(50)=50
 GM :修正は特になし。

 GM :[セットアップ]
 皓 :なっしん。
 俊一 : ないわーw
 統太 :なし。
 姫乃 :今回も使いません〜
 七波 :なし

 GM :▽Action:"正位置の太陽" 津嶋皓(20)
 GM :行動どうぞ。
 皓 :遠慮はしない。一気に距離を詰める。飛ばしていくよ。《電光石火/コンセントレイト:HM》を組んで判定。侵蝕はさっきの間違いを修正して判定後に63%に。
 皓 :#13r7+11
  Dice... ... kou_t:13r7=(4,2,3,10,8,5,7,9,7,2,7,9,9)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:8r7=(2,2,3,1,1,6,3,6)=16+11=27
 皓 :ぐ……27!
 俊一 : 3pか
 GM :Prize:16/20 [Event]
 皓 :2段目が酷かった。

 あと少しの所で、強烈なプレッシャーを感じ、足がすくみ始める。
 強靭な意志がなければこの先に進むのは難しいだろう。
 以降の判定を<意志>12へ変更。さらに判定に失敗した場合、侵食値を+[1D10]/2する。
 
 俊一 : 来たな!プレッシャー!
 俊一 : ・x・) ・・・本当に精神に変わったねってちょっと待てー!
 GM :これでラストだ!

 俊一 : とーたちんたいきしてもいいのよ
 GM :▽Action:"天翔ける龍" 九衛統太(17)
 皓 :ははは意志弱かったから丁度いいや(汗笑) みんな宜しく!
 統太 :待機する。

 ▽Action:"ウンディーネ" 水守七波(15)
 GM :行動どうぞ。
 七波 :#8r10+4
  Dice... ... Nanami-M:8r10=(4,5,1,2,4,2,3,6)=6+4=10
 皓 :おわ。
 七波 :く・・・
 俊一 : ・x・) ・・・
 俊一 : 侵食率ふえるわかめ
 姫乃 :あら><
 俊一 : まぁ、意思はほぼ間違いなく30いけるんで
 GM :あらま。
 俊一 : ・x・) 妖精はお任せ
 七波 :じゃあこのままで確定、妖精の弾数は温存したい
 GM :まあ1d10振って増やしといてくれ。端数は切り捨てで。
 七波 :#1d10
  Dice... ... Nanami-M:1d10=(3)=3
 皓 :お。低かった。良かった。
 GM :安(何
 姫乃 :1点・・・w
 七波 :1%増加で69%

 ▽Action:"考える人" 久能俊一(14)
 GM :行動どうぞ。
 七波 :「ごめん・・・お願いします…!」
 俊一 : じゃあいつものいくかー
 俊一 : <コンセ:ノイマン+知識の泉> 侵食65→69
 俊一 : #13r7+7
  Dice... ... Syunichi:13r7=(2,7,10,7,7,6,5,5,9,5,6,1,5)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:5r7=(7,4,5,7,4)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:2r7=(6,6)=26+7=33
 俊一 : ゆゆうのまっくす
 GM :Prize:20/20 [Clear!!]



 俊一 : 「・・・始末書に追われるプレッシャーには程遠いです。」
 俊一 : ぐわし
 統太 :「嫌味か」
 俊一 : 「自覚してるなら直してください」
 GM :まあこのまま一度切るぜ。
 俊一 : うぃ
 姫乃 :了解です


 「全く。逃げ出した上にあんな子たちと一緒に行動してるなんて」
 「……いけない子。そんな子には罰を与えないと」
  
 「……まあ、それで壊れたら壊れたで有効に使ってあげるわ」
 「"最期まで"ね」
  
 そうして女は機械に繋がれた少年の顔を撫で。
 ――そして、禍々しいその"力"を発動しようと意識を集中した。
  
  
 ……しかし、その意識は。誰かが駆け込んでくる様子に途切れる事になった。
  
  
 ※Eロイス《砕け散る絆》×2の無効化に成功。生還フラグ2つ目達成。
  
  
  

 GM :調達及びロイスの取得等あれば。
 俊一 : 次CX・・・?
 俊一 : (念のため確認
 GM :いえーす。
 俊一 : じゃあ調達。
 皓 :調達は無いかな。裕君の姿を見たらそこでロイスを……あ、ちょっと離席。
 俊一 : 強化素材二つ目ー
 俊一 : ってだめだ
 俊一 : (これ固定されてるアイテム専用だった)
 俊一 : やっぱなしで!
 GM :あいよ。
 姫乃 :(ロイス感情表で調べ中)
 俊一 : とりあえず"虚栄の林檎(Big Apple)"に Sロイス予定
 俊一 : 戦闘前に本性現してくれると思うからそこでロイス感情と共に宣言しますと予約する!
 GM :了解。
 俊一 : (予定は未定だが一応現状ではそのつもり)
 皓 :僕もS変更は悠君の姿をもう一度見てからにしたいです。というか声かけたい。
 姫乃 :では、<調達>を
 姫乃 :トラックスーツ(目標値:22)を!
 姫乃 :<調達>に能力値訓練:【社会】ソフトをD《器物使い》でインストロール! そして「コネ:手配師」付きで調達!
 姫乃 :#7r10+7
  Dice... ... himeno:7r10=(9,4,1,10,10,9,6)=Critical!!
  Dice... ... himeno:2r10=(3,9)=19+7=26
 姫乃 :あらw成功w
 皓 :おー。
 俊一 : 成功しやがった・・・
 GM :すげ(何
 七波 :ではリアクティブアーマー(目標値24)に挑戦
 七波 :#3r10+20
  Dice... ... Nanami-M:3r10=(2,4,10)=Critical!!
  Dice... ... Nanami-M:1r10=(8)=18+20=38
 七波 :ちょお成功、姫乃さんに渡しておこう
 統太 :うはw、
 姫乃 :お〜、おめでとうございます!
 姫乃 :ありがとうございます! で、二重に装備!
 統太 :姫乃フルクロス(何)。
 GM :今からフルアーマーひめのんと呼んでやる(何
 七波 :「一度限りだけど、防御スタイル的に役に立つと思って」
 姫乃 :はわーーーーーーー><
 GM :まあ他に無けりゃCX行きますがOK?
 姫乃 :あ、いえ
 姫乃 :ロイスを
 俊一 : 「・・・動きづらくないですか?それ・・・」
 俊一 : ひめのんFA
 GM :ああ、どうぞ。
 姫乃 :”一之瀬裕”君に■尽力/□不安 でSロイスに指定しますね!
 姫乃 :で、かつ
 姫乃 :FHの実験体をタイタスにしておきます><
 GM :Sロイス及びタイタス申請許可します。
 姫乃 :ありがとうございます!
 皓 :まぁ此方はCX移行OKです。
 七波 :同じく
 統太 :うちはアーマーつけとく。
 俊一 : 同じく(’’ CXおけーい
 皓 :一応調達させてください。応急手当キットを。
 GM :どぞ。
 皓 :屋台の食べ物で回復する!(何) えーと何かわかんないけど調達4とかあった! 目標値8で。 #4r10+4
  Dice... ... kou_t:4r10=(1,7,8,4)=8+4=12
 皓 :おし。ではそのまま使わせていただきますが宜しいでしょうか。
 統太 :どうぞー。
 GM :もしくは加瀬君からせしめて……どぞ(何
 姫乃 :カツサンドーーーー!>屋台のもの
 皓 :ではっと。#2d10+40
  Dice... ... kou_t:2d10=(8,6)=14+40=54
 七波 :ちょお治った(何
 皓 :よし問題なくフル回復で。以上かな。
 統太 :うちも調達しとくか。戦闘後に使うかもしれんし。
 統太 :#3r10+13
  Dice... ... Touta:3r10=(6,5,10)=Critical!!
  Dice... ... Touta:1r10=(7)=17+13=30
 皓 :……おお。
 統太 :問題ない。
 統太 :トランクでもよかったかぁ。
 皓 :いやいやいや。
 俊一 : 一方あちしは何も買わなかった
 皓 :足らなかったら歌歌って直すので……! <裕君
 GM :んじゃ改めて、OKですかね。
 皓 :はい。
 七波 :OK
 統太 :はいな。
 姫乃 :OKです。さすがに解毒剤は穿ちすぎですよねw
 統太 :そのときは戦闘後かねぇ。
 皓 :ですね。
 GM :んじゃ、行きましょう。



 4.Climax Phase

 Climax「Memory of」
 Place:神社/境内 登場:強制
 Scene-Player:ALL

 GM :登場どうぞ。
 皓 :#1d10+63
  Dice... ... kou_t:1d10=(2)=2+63=65
 七波 :#1d10+69
  Dice... ... Nanami-M:1d10=(9)=9+69=78
 姫乃 :#1d10+61
  Dice... ... himeno:1d10=(2)=2+61=63
 俊一 : #1d10+69
  Dice... ... Syunichi:1d10=(9)=9+69=78
 俊一 : げぇ!w
 皓 :おお……。65%で。
 姫乃 :あら><
 七波 :ナカーマ!(何>久能さん
 俊一 : よーし侵食160いくぞー!
 皓 :行くなよ(何)
 統太 :#1d10+60
  Dice... ... Touta:1d10=(5)=5+60=65
 七波 :行くな(何

 ――無数の障害を掻い潜り、神社の境内に突入した一行。
 そこには――裕と、彼の頭を掴んでいる人物――
 "BigApple"新井智恵が居た。


 皓 :「裕君!」見えた姿。少年にだけただ声を投げた。
 七波 :「その子から離れなさい!」
 GM :智恵「……やっぱり来たのね。忠告したのに」
 GM :智恵「……でも、無駄よ。貴方達の声は聞こえないわ」うつろな目のままの裕を一瞥して立ち上がり。
 姫乃 :「・・・・まさか交渉が失敗した後で、あのような挙動を取ったのにも関わらず素通りすると?」
 俊一 : 「何をしてるかと思えばベタな行動ですね。」
 皓 :え、忠告って何と思いつつ。「何やってるんだよ……その子を、放せ!」
 GM :智恵「それは無理。貴重な"成功例"の実験体だもの。この子は」皓に。
 皓 :「聞こえないとか何だよ……裕君!」再度名を呼び、構わずに数歩、二人へ近づく。
 GM :ではそこに立ちふさがるように夕方に見た不良――いや、不良だった"もの"が立ちふさがる。
 皓 :「実験体とか知らないよ」ばっさり切り捨てた。
 七波 :「その通り、そんなことはどうでもいい。ただこの子をいるべき人のもとへ戻す。もちろん、あんたじゃない」
 皓 :「その子は一之瀬裕君。ここにかつて住んでいた、ただの少年で、今はお姉さんを探しているただの子供だ」だから。と。「僕達はその手伝いをしているだけ。邪魔するな!」
 GM :智恵「ただの少年?……その子たちから聞いていないのかしら。この子はレネゲイドビーイング。人ですらないのよ」
 統太 :「だから?」
 統太 :「それで?」
 統太 :「俺達が何もしないとでも!」
 統太 :『人ですらない』という言葉を聞くやいなや反論する。
 皓 :「だからそれが何だって言うんだよ」
 皓 :「僕に取ってみれば裕君は悠君だ。一之瀬裕君であることに何ら変わりがない」
 七波 :「そんなことであたし達が引き下がると思ってるなら、おめでたいわね」
 俊一 : 「まぁ、貴方の我執なんぞに何の興味ももてないし持つ気もないですが、人の癪に障る真似をしてくれましたからね。」
 俊一 : 「そう。彼は元人間のレネゲイドビーイング。えぇ、だからこそ色々と僕の癪に障る。」
 GM :智恵「私に言わせればおめでたいのはそちらのほうね」
 GM :智恵「貴方達もそこまで付き合いが深いわけでもない"もの"に……どうしてそこまで執着するのかしら。理解できないわね」
 皓 :「だから、僕は、僕達は、裕君をお姉さんのところに返すだけだ。それを邪魔するなって……“もの”?」あ、カチンと来たぞ。
 七波 :「他人をモノ扱い……いい感じで腐ってるわね」
 GM :智恵「ええ。"もの"よ。私にとっては最高の"素材"といったところかしら。人から変化したRBというのは」
 GM :智恵「そして、それ以上でそれ以下でもない」
 GM :智恵「そして、"LastDragoon"の言葉を借りるなら。――貴方達がどうこう言った所で、私達が諦めるとでもいうのかしら?」
 皓 :「──それだけで貴方の傍にその子を置く理由は無いな。……裕君!」再度、大きく傍らの少年の声をかける。此方を見ていなくとも。
 統太 :「久能俊一」
 統太 :いったん息を止めて。吐くように放つ。
 統太 :「構わん。やっちまえ」
 俊一 : 「わかった、それ以上その口を開かなくて結構です。物を語りたいなら地獄の鬼にでも語ってろ」
 俊一 : ピシャリとさえぎった。
 七波 :「こっちへ戻ってきて裕君、あなたのいるべき場所はそこじゃない、もっと、明るい、あったかい、自由な場所よ!」
 七波 :このタイミングでシナリオロイス"一之瀬裕"をSロイスに指定します。
 皓 :「帰ろう。そしてまた、お姉さんを探しに行こう。一緒に」言って。何度も繋いだ。届かない手を今一度彼に伸ばす。ここで裕君のロイスをSに変更します。
 GM :津嶋君と七波さんのSロイス申請を許可します。
 GM :裕は一瞬震えたが――それ以上の反応はない。
 統太 :同じく実験体のロイスをタイタスに。一之瀬裕のロイスを取得。さらにSロイス!
 GM :同じく許可します。
 統太 :「何者なのかは些細なことだ。お前の生きたいように生きろ。共に泣き共に笑って手伝う!」
 俊一 : 「・・・あぁ、ある意味先生と似てるんだな。この子も。だからこそ余計にこのクソに対して癪に障る。目にも耳にも記憶の断片にも入れたくない」
 統太 :「合わせ技で『クソババア』だな」
 統太 :目の前の女?に。
 俊一 : 「誰がうまい事を言えと。」
 GM :智恵「まあ、酷い」くす。と馬鹿にしたように笑う。俊一と統太に向けて。
 GM :智恵「怖いお兄さんたちはやる気のようだし……相手をしてあげましょうか?」
 GM :パチンと指を鳴らすと、うつろな目のまま裕が立ち上がり、武器を構える。
 GM :そして周囲がブラックアウト。神社が黒い炎に包まれる。《原初の混沌》を変換した《ブラックダイアモンド》を使用。
 俊一 : という事でSロイスとして"虚栄の林檎(Big Apple)"に □存在すら遺さず/■塵と消えろ 
 俊一 : を、習得したいのですがよろしいか<全員
 皓 :いいんじゃないですか。
 GM :GMはOKです。
 統太 :いいんじゃないかな。
 俊一 : (正直裕たそにSロイス取れなかった)
 姫乃 :はい、大乗です
 姫乃 :大丈夫です><
 七波 :問題なく!
 統太 :同じ立場ならうちもとってた。
 俊一 : 「・・・それと少年。君話したいこと一つ為せずにこのまま果てていいのか?こんな肥溜めのようなクソにいいようにされていいのかい?」
 俊一 : そして裕くんにただのろいす ■あの人とダブる/□憐憫 で
 俊一 : そしてシナリオロイスの実験体をタイタスに
 俊一 : まだ何か足りないフラグがあるんだろうなー
 姫乃 :なんですけど・・・それが思いつかないのですよね
 GM :智恵「……既に声も聞こえないものに呼び掛け続ける。"無意味"で"滑稽"ね」
 GM :智恵「ああ、先も言ったけど。この子は攻撃に特化するよう調整してあるの――気を抜けば死ぬわよ。せいぜいがんばりなさいな」
 俊一 : 「衝動"破壊"のジャームが人の何かを語るなよ。だからこそ貴方は何も成功(なし)えない。」
 俊一 : 「といっても無駄でしょうね。貴方には。だからこそ煉獄に落とす。情けも容赦もなく。」
 姫乃 :「皓さん、七波さん。気をつけて下さい。裕君には自爆装置が仕掛けられています。」
 七波 :「はぁ!?」
 皓 :「……なんだよ、それ」そこまでするのか。と唸る様に呟いて構えた。
 姫乃 :「・・・ツータイムですから。貴重な実験体を他所に渡したいという意味でもあるのでしょうね。」
 姫乃 :キッとビッグアップルを見つつ
 俊一 : 「よくある話です。他にも似たような奴はいるでしょう。」
 俊一 : ほんとうにいるよね!
 七波 :「……で、解除手段は?」
 姫乃 :「・・・・それはまだ。」眼を伏せて
 俊一 : ・・・ということでGMに解除手段をry
 姫乃 :というよりインスピレーションの使いどころのような気も^^;)
 統太 :おお。
 GM :とりあえず雑魚を沈めたら教えるが。インスピを使うなら使っても良い(何
 皓 :そいや雑魚とかいたなぁ。
 統太 :皆問題視してないのが黒巣クオリティ(何)。
 俊一 : あ、いいの?
 七波 :これだから黒巣は…(何
 俊一 : <CX戦闘前のインスピ
 皓 :ジャムってましたっけね。
 GM :ジャーム化してますね。Eはないが(何
 GM :使うならどうぞ(何
 俊一 : じゃあ使おう
 俊一 : 侵食81じゃぼけー!
 皓 :後で解るというなら無理はしなくていいと思う。
 皓 :って宣言しちゃったか。
 GM :取り下げるならそれでも良いが。
 俊一 : いや、雑魚沈める間に準備進められても困るけどどうする?
 GM :時限式じゃないから安心してくれ。特定のタイミングでなんかやってもらうだけだ(何
 姫乃 :私は演出上、美しいので使って欲しいです
 皓 :お任せします。
 七波 :同じくお任せ
 統太 :任せる。
 俊一 : じゃ、使おう(何
 GM :あいよ。
 俊一 : なおこのタイミングで久能ちんの加速装置(侵食率)が作動しました(何
 
 2ラウンド目頭。ヤツ(BigApple)は装置を介して裕に《破滅の足音》を使う。
 ただし、この《破滅の足音》は通常と違い下記の効果に変更となっています。
  「このEロイスを使用された場合、対象は即座に[戦闘不能](HPは0)となる。
   このエネミーを攻撃の対象にできるキャラはこのEロイスの使用を妨害する事が出来る。
   妨害を宣言された場合、GMは任意の技能で判定を行う。
   妨害しようとするキャラはその達成値を目標値として同じ技能で判定を行い、
   誰か一人でも成功した場合はこのEロイスの効果は無効となる。」
 これを阻止すれば、最後の生還フラグ達成となります。
 
 姫乃 :了解です!
 統太 :何の技能で判定するかまでは分からんかったか。
 俊一 : 社会か感覚系だったらなくね!
 GM :ちなみに阻止に失敗した場合。裕は《自爆装置》を即座に使用します。
 皓 :げげ。了解。
 GM :それ自体は裕の《ディヴィジョン》(効果変化版)でダメージが無効化されますが。裕は"消滅"が確定します。
 姫乃 :なるほど。それでD《優しい奇跡》が
 GM :というわけで、他に無けりゃ衝動判定お願いします。目標は通常通り9。
 俊一 : らじゃ
 皓 :ほーい。
 姫乃 :了解です!
 俊一 : #12r10+7
  Dice... ... Syunichi:12r10=(6,1,1,4,9,9,7,2,2,10,7,10)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:2r10=(8,8)=18+7=25
 俊一 : 意思判定は成功。
 七波 :#9r10+4 衝動
  Dice... ... Nanami-M:9r10=(8,1,3,2,1,9,4,8,8)=9+4=13
 統太 :#3r10+7
  Dice... ... Touta:3r10=(5,10,3)=Critical!!
  Dice... ... Touta:1r10=(2)=12+7=19
 統太 :うちも成功。
 皓 :#5r10+1+1 衝動。
  Dice... ... kou_t:5r10=(4,5,4,10,4)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:1r10=(5)=15+2=17
 姫乃 :<意思〉に能力値訓練:【精神】ソフトにD《器物使い》でインストロール!
 姫乃 :#4r10+5 ていやー!
  Dice... ... himeno:4r10=(10,8,5,10)=Critical!!
  Dice... ... himeno:2r10=(1,3)=13+5=18

 俊一 : #2d10+81 侵食率
  Dice... ... Syunichi:2d10=(4,2)=6+81=87
 俊一 : たすかった
 俊一 : 87に
 統太 :#2d10+65
  Dice... ... Touta:2d10=(7,8)=15+65=80
 統太 :80%。
 七波 :#2d10+78
  Dice... ... Nanami-M:2d10=(1,2)=3+78=81
 七波 :よし低い、成功で81%
 皓 :#2d10+65 侵蝕
  Dice... ... kou_t:2d10=(3,9)=12+65=77
 皓 :よしよし。成功の77%!
 姫乃 :#2d10+63
  Dice... ... himeno:2d10=(2,2)=4+63=67
 姫乃 :あらw
 俊一 : 姫のんその侵食率を よこせ。おれはかみにry
 俊一 : ンじゃ戦闘開始かしら
 姫乃 :その分、ロイスを守ってあげますねw >久能君
 GM :んじゃエンゲージとか説明。

 =================================================
 [エンゲージ]
 =================================================
 [BA,SL3][IY,SL1,SL2]←10m→[PC]
  
 BA:(Enemy)"Big Apple"新井智恵
 IY:(Enemy)"一之瀬裕"
 SL1、SL2:(Enemy)FHジャーム/ソルジャー
 SL3:(Enemy)FHジャーム/スナイパー
  
 勝利条件:"Big Apple"新井智恵の撃破
 敗北条件:PC全滅 or "一之瀬裕"の[死亡]
  
 ;*GM_HovB topic : IV:皓20→統太17→SL3_14→七波15→久能14→SL1&2_11→BA8→姫乃5
 ;*GM_HovB topic : IV:皓20→統太17→七波15→SL3_14→久能14→SL1&2_11→BA8→姫乃5
 GM :逆だった。
 姫乃 :
 姫乃 :私、IV3です><
 GM :(何
 姫乃 :>フルアーマーのため
;*GM_HovB topic : IV:皓20→統太17→七波15→SL3_14→久能14→SL1&2_11→BA8→姫乃3
 GM :今度は間違いないかい(何
 皓 :Okですの。
 俊一 : あ、あちしの方が遅いのか
 七波 :OKです
 姫乃 :はい、問題ありません!ありがとうございます!
 俊一 : <感覚の差か(何
 GM :それでは、戦闘開始!



 <Round-1>
 
 [セットアップフェイズ]
 GM :こちらはまずは全員無し。
 統太 :こちらもなし。
 俊一 : 移動皆自分で出来るなー
 俊一 : と、サポデパ使う前にきいてみる
 姫乃 :《加速装置》起動! IV:11へ 侵食値68へ
 皓 :なし。
 俊一 : <ファンアウトもってるし
;*GM_HovB topic : IV:皓20→統太17→七波15→SL3_14→久能14→(姫乃&)SL1&2_11→BA8→IY6→姫乃3
 七波 :《ミラーコート/ミラーイメージ》使用、シーン中のドッジ+3DB&Cr-1、攻撃力-5。侵蝕率は+7で88%
 皓 :移動については問題ないです。
 俊一 : じゃあさぽ☆でぱ
 俊一 : 侵食率87→93へ(何
 俊一 : そして精神判定ダイス+10

 ▽Action:"正位置の太陽" 津嶋皓(20)
 GM :行動どうぞ。
 皓 :質問。《影走り》使用で後ろのエンゲージに侵入可能ですかね?
 GM :《影走り》があるならばOKとします。
 皓 :よし。では使用して。マイナー《炎の加護/影走り》とん。と足を踏み入れた瞬間、その身は後衛の二人の前に立つ。
 皓 :「──裕君を返してもらうよ!」言って。袋からいつの間にか抜き出した得物を横薙ぎに振り抜いた。白兵18+《浸透撃/音速攻撃/獅子奮迅/吼え猛る爪/炎の刃/コンセントレイト:HM》 侵蝕率合計:+18% 対象は林檎さんエンゲージの範囲。
 皓 :#17r7+18-1 ていやぁ!
  Dice... ... kou_t:17r7=(2,7,9,6,5,2,2,9,6,3,3,8,9,2,3,2,8)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:6r7=(4,7,6,2,4,10)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:2r7=(7,2)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:1r7=(3)=33+17=50
 皓 :50で。
 皓 :侵蝕は95%へ。ペナ等特になし。
 GM :うーぬ。まあ回避してみよう。
 GM :"幻影の黒炎"
 GM :<RC>+《浄玻璃の鏡/リフレックス:OU》+《トランキリティ》+《マインドエンハンス》
 GM :#13r7+4
  Dice... ... GM_HovB:13r7=(5,2,4,6,3,5,6,1,5,8,5,7,5)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:2r7=(6,3)=16+4=20
 俊一 : Cr7かいな
 皓 :ふつーふつー。 <敵回避C7
 GM :ダメか。SL3が《カバーディフェンス》。
 皓 :ほいさ。ではダメージ。 #6d10+18 ガード装甲無視ね(何)
  Dice... ... kou_t:6d10=(6,9,9,5,3,2)=34+18=52
 皓 :52点。倍持ってけ!
 GM :散った(何
 俊一 : ですよね
 皓 :「やっぱりそう来る、と。でも次は無いよ」前に立つ何かをやすやすと斬り裂き。再度目的のものを見た。行動は以上で。
 GM :エンゲージ:[BA][IY,SL1,SL2]←10m→[PC]

 GM :BAが《加速する刻》宣言。

 ▽Action:(Enemy)"Big Apple"新井智恵(《加速する刻》)
 GM :BA「……さて、それはどうかしらね……っ!」マイナー:《原初の青:光芒の疾走》。
 GM :エンゲージ無視で残りのPCエンゲージへ移動。
 俊一 : ちょw
 姫乃 :こっちきたーーー!Σ@@
 七波 :ボスが突っ込んできやがった!(何
 皓 :まさかの置いてきぼりだと(笑)
 姫乃 :いろいろ助かるけど!
 統太 :「BBAが来たぞー!」(何)
 GM :エンゲージ:[皓][IY,SL1,SL2]←10m→[七波、姫乃、俊一、統太、BA]
 GM :おま(何>BBAが来たぞー!
 俊一 : 「こっちにきましたか。手間が省けるといった方がいいのかどうなのか
 姫乃 :空襲警報ーー!空襲警報ーーー!!
 GM :メジャー:"消失の黒炎"
 GM :<RC>+《飢えし影/流血の胞子/原初の赤:焦熱の弾丸/コンセントレイト:OR》+《トランキリティ》
 GM :+《散滅の腕》+《ポイズンフォッグ》
 俊一 : 毒かよ!w
 姫乃 :やっぱりですかw
 GM :対象:七波+姫乃+失礼な男ども(範囲)(何、命中時[邪毒]Lv2、タイミング:常時以外の全EF解除。HP-3。
 GM :#13r7+4
  Dice... ... GM_HovB:13r7=(7,6,2,8,6,9,5,6,3,3,10,6,8)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:5r7=(6,8,1,1,2)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:1r7=(5)=25+4=29
 俊一 : 29か
 GM :29。物を分解する黒い炎で薙ぎ払う。
 七波 :《幸運の守護》でドッジ、侵蝕率90%
 統太 :《竜鱗》。
 七波 :#12r9+21
  Dice... ... Nanami-M:12r9=(2,8,4,9,2,4,7,1,2,5,6,6)=Critical!!
  Dice... ... Nanami-M:1r9=(8)=18+21=39
 七波 :39で回避。
 俊一 : <リフレックス+守りの砂> 侵食率93→98
 俊一 : まぁ、こうなるよね
 俊一 : #22r7+2
  Dice... ... Syunichi:22r7=(5,9,6,3,8,7,4,8,5,8,6,1,2,4,3,10,9,1,3,1,7,3)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:8r7=(9,7,7,2,1,2,6,9)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:4r7=(2,2,6,2)=26+2=28
 GM :まった。
 俊一 : ぬ?
 俊一 : なんかまずった?
 俊一 : <まずかったら振りなおしするけど
 GM :済まないが《盲目の羊/原初の白:フラッシュゲイズ》(何
 七波 :おま(何
 GM :>くのーくん
 俊一 : 久能がそんなに嫌か!
 GM :嫌だね!(何
 姫乃 :DPが^^;)
 俊一 : とりあえずペナルティどれくらい?w
 GM :15DPかな(爽やかに)(何
 俊一 : しねよwwwwwwww
 統太 :きついなぁ。
 七波 :待てよ(何
 皓 :GM落ちつけ(何)
 GM :ラウンド1発だから良いだろ!(何
 俊一 : まぁ、宣言した以上エフェクト前提になるんだが
 俊一 : カリキュレーションがあるのよね
 俊一 : (嘗めんなオートダイスペナルティ解除
 GM :しまった、七波さんに叩きこめば良かったか。まあ使うならどうぞ(何
 俊一 : という事で  93→96
 俊一 : 再度振りなおし
 俊一 : #22r7+2
  Dice... ... Syunichi:22r7=(5,10,2,7,10,1,9,10,10,10,1,6,4,2,3,1,4,10,7,3,2,2)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:9r7=(8,9,8,6,7,10,8,9,4)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:7r7=(6,4,9,7,2,7,1)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:3r7=(6,6,9)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:1r7=(6)=46+2=48
 俊一 : 48(何  回避
 皓 :おー……。
 七波 :おおー。
 GM :ちくしょー(何
 俊一 : そして96→回避分のエフェクト+5の侵食101
 俊一 : 「意外と避けられるものですね。・・・とはいうものの、そろそろ教官にでもRCの訓練お願いして貰った方がいいのかもしれませんね。
 姫乃 :#9r10 回避!
  Dice... ... himeno:9r10=(4,8,9,5,1,10,3,5,9)=Critical!!
  Dice... ... himeno:1r10=(6)=16
 姫乃 :失敗です><
 七波 :《鏡の中の人形》宣言、姫乃さんのドッジを代行します
 七波 :そして《幸運の守護》
 七波 :#12r9+21
  Dice... ... Nanami-M:12r9=(9,2,2,3,1,3,10,8,5,10,9,5)=Critical!!
  Dice... ... Nanami-M:4r9=(7,8,3,7)=18+21=39
 七波 :問題なく。
 姫乃 :ありがとうございます><
 七波 :「──」水で作った分身を攻撃させる。
 GM :統太さんだけか。通りそうにないがダメージ行くぞ。
 GM :#3d10+10
  Dice... ... GM_HovB:3d10=(1,7,9)=17+10=27
 俊一 : ダメージ低いね本当に
 GM :27点。[邪毒]は受けといてくれ。
 統太 :装甲有効なら効いてない(何)。
 統太 :邪毒は喰らおう。
 七波 :今のドッジ代行で侵蝕率は5%上がって95%へ
 GM :智恵「……あら、貴方もレネゲイドビーイング。研究し甲斐(壊し甲斐)がありそうね……」七波の方を見つつ。効いたかどうかはさほど気に留めず。
 七波 :「あなたなんかに研究される気は毛の先ほどもないわね」
 俊一 : 「で、わざわざ来てくれてくれて有難うって言えばいいんでしょうかね。」
 統太 :「加齢臭キツイな」(何)
 統太 :5億歳(推定)がいうのもなんだが。
 GM :智恵「そんな事ばかり言ってるから肝心な所で女に逃げられるのではないのかしら。"LastDragoon"」皮肉で返した(何

 ▽Action:"天翔ける龍" 九衛統太(17)
 GM :行動どうぞ。
 俊一 : 「あぁ僕に対して遠慮は必要ありません。速やかに消し炭にしてくれて結構ですよ。」
 俊一 : と、いっておこう
 統太 :さて作戦確認。
 統太 :裕には攻撃しない。
 皓 :今のところはそれでお願いしたく。林檎さん優先で。
 統太 :後ろのジャーム2体も気になるが。
 七波 :そっちは自分が受け持ちましょうか
 統太 :お願いします。
 皓 :それは七波さんが何とかしてくれると信じてる……!
 統太 :では。
 統太 :マイナー。《完全獣化》+《破壊の爪》+《鷹の翼》+《知性ある獣》。
 統太 :で、成長申請。
 GM :あい。
 統太 :《コンセ:キュマ》を+1。
 GM :OKで。
 統太 :メジャー。《コンセントレイト:キュマイラ》+《獣の力》+《天を統べるもの》の“飛竜天舞-Wivern Drive-”。
 統太 :#14r7+3
  Dice... ... Touta:14r7=(3,5,10,6,9,8,9,5,5,6,3,10,1,1)=Critical!!
  Dice... ... Touta:5r7=(7,8,8,3,3)=Critical!!
  Dice... ... Touta:3r7=(7,5,9)=Critical!!
  Dice... ... Touta:2r7=(3,8)=Critical!!
  Dice... ... Touta:1r7=(10)=Critical!!
  Dice... ... Touta:1r7=(7)=Critical!!
  Dice... ... Touta:1r7=(2)=62+3=65
 皓 :おー。
 統太 :ちなみにダメージを喰らうと飛行状態が解除される。
 GM :"幻影の黒炎" <RC>+《浄玻璃の鏡/リフレックス:OU》+《トランキリティ》+《マインドエンハンス》
 GM :#13r7+4
  Dice... ... GM_HovB:13r7=(1,5,4,3,2,8,6,9,2,8,2,4,10)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:4r7=(4,4,1,6)=16+4=20
 俊一 : ・・・ほばとんのダイスがTの呪いに・・・
 GM :おい、ボスが20病になってんぞ(何
 皓 :回避が……(嗚呼)
 姫乃 :皓君に喧嘩売るから><
 統太 :科学者なのに30病対策せずに黒巣入りとな(何)。
 統太 :#7d10+12
  Dice... ... Touta:7d10=(5,1,10,9,7,9,6)=47+12=59
 統太 :59点装甲有効。
 統太 :「――なので血の匂いで加齢臭を誤魔化そう」
 統太 :ザクっと。
 GM :智恵「……流石に効いたわね。でも、まだまだね」
 統太 :「まだ本気じゃないからな」
 統太 :鼻で笑う。
 GM :ケンカ売られたのでBAが《加速する刻U》という(何
 俊一 : ちょwwww
 統太 :えー。
 姫乃 :あらw
 統太 :大人げねぇ(何)。
 GM :何とでも言え(何

 ▽Action:(Enemy)"Big Apple"新井智恵(《加速する刻U》)
 GM :えーと。
 俊一 : 「コレだから皺が増えるんでしょうね・・・」
 GM :#1d3 [対象設定]
  Dice... ... GM_HovB:1d3=(2)=2
 俊一 :
 GM :"蝕む黒炎" <RC>+《飢えし影/流血の胞子/原初の赤:焦熱の弾丸/コンセントレイト:OR》+《トランキリティ》+《原初の黒:インフェルノ》
 俊一 : インフェルノwwwwww
 姫乃 :行動封じw
 皓 :インフェルノ……
 俊一 : 因みに対象は 誰ですか?もう嫌な予感しかしないけど
 GM :対象:くのーくん(単体)、命中時[邪毒]Lv2。ダメージ受けたら[行動済み]、HP-3。
 俊一 : ですよねやっぱり!
 GM :リストでその並びに居た君を恨んでくれ(何
 GM :#13r7+4
  Dice... ... GM_HovB:13r7=(3,2,7,2,9,1,8,6,3,10,2,9,1)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:5r7=(3,10,6,9,5)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:2r7=(5,3)=25+4=29
 統太 :シワとか言うから(何)。
 俊一 : おまいだってBBA連呼しすぎじゃないか(何
 GM :さっきから出目固定されてんだがどういうこと(何
 俊一 : じゃあいつもの回避行くか。
 GM :まあ29だ(何
 七波 :さぁ避けるんだ(何
 姫乃 :だから、皓君に喧嘩売るからw
 俊一 : <リフレ+守りの砂>
 俊一 : の、前にオートでオリジナルツールぶっこんどくよRCでな!
 GM :てめえwwwwww(思わず草を生やす)(何
 俊一 : 侵食101→104→(React終了後)109
 俊一 : #25r7+2+12
  Dice... ... Syunichi:25r7=(6,7,2,10,9,1,8,6,9,9,4,2,4,10,8,9,2,4,10,5,9,2,8,4,5)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:12r7=(6,3,6,4,7,6,8,3,9,7,10,9)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:6r7=(5,10,3,5,5,1)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:1r7=(9)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:1r7=(3)=43+14=57
 俊一 : 57回避
 七波 :必死すぐる(何
 統太 :BBA涙目(何)。
 GM :BAというよりGMが涙目だよ!(何
 俊一 : 「八つ当たりはよして欲しいですね。むしろ此方が八つ当たりしたい気分ですがね!」

 ▽Action:"ウンディーネ" 水守七波(15)
 GM :行動どうぞ。
 七波 :途中成長、15Expで《光芒の疾走》1Lv取得申請します。
 GM :どうぞ。
 七波 :では
 七波 :マイナー:《光芒の疾走/オリジン;レジェンド/オリジン:ヒューマン》
 七波 :10mバックしつつ、シーン中の精神達成値+12・EF使用の達成値+6、侵蝕率はジャスト100%
 七波 :『本気で、行くわよ』その身体を流水として距離を取る。
 GM :エンゲージ:[皓][IY,SL1,SL2]←10m→[姫乃、俊一、統太、BA]←10m→[七波]
 七波 :メジャー:《雨粒の矢/幻惑の光/マスヴィジョン/マインドエンハンス》 対象、裕君以外の敵全員
 七波 :そしてライトサーバー起動、RC達成値+20します
 GM :来たよ(何
 七波 :さらにBAに同情/■憤懣でロイス取って即昇華、クリティカルを-1します
 七波 :オートでアルティメイド服装着、RC達成値を+3に
 七波 :#10r8+62
  Dice... ... Nanami-M:10r8=(1,3,9,3,9,7,10,10,3,4)=Critical!!
  Dice... ... Nanami-M:4r8=(1,7,1,10)=Critical!!
  Dice... ... Nanami-M:1r8=(9)=Critical!!
  Dice... ... Nanami-M:1r8=(2)=32+62=94
 七波 :《妖精の手》
 GM :何だよその固定値……おま(何
 七波 :#1r8+102
  Dice... ... Nanami-M:1r8=(9)=Critical!!
  Dice... ... Nanami-M:1r8=(5)=15+102=117
 七波 :117!
 俊一 : ひでぇ
 GM :回避できるかー!(何
 皓 :なにそれ…… <固定値
 GM :ダメージくださいよ!(自棄)(何
 七波 :#12d10+27
  Dice... ... Nanami-M:12d10=(2,4,5,10,3,5,9,10,9,5,5,3)=70+27=97
 七波 :装甲有効97点!
 七波 :侵蝕率は16%上がって116%へ。
 GM :智恵「……く、ここまでとはね……!」97点素通しでまだ生きてる。
 七波 :『これが、あたしの本気──』まさに"津波"が敵をなぎ払う。
 GM :ちなみにジャーム/ソルジャーは両方沈んだ。
 七波 :一応《幻惑の光》で[放心]を贈呈しておきます
 GM :エンゲージ:[皓][IY]←10m→[姫乃、俊一、統太、BA]←10m→[七波]
 GM :あい。
 ;*Syunichi topic : IV:皓20→統太17→七波15→久能14→(姫乃&)→BA8→IY6→姫乃3
 俊一 : こうか、現状
 GM :ですな。

 ▽Action:"考える人" 久能俊一(14)
 GM :行動どうぞ。
 俊一 : マイナーで
 俊一 : 《インフィニティウェポン+ダブルクリエイト》+夢幻の心臓
 俊一 : 侵食率109→115
 俊一 : メジャーで《コンセ+コントロールソート+マルチウェポン+確定予測》 侵食115→126
 俊一 : リアクションCr+2だよ!
 GM :ざけんなー!(何
 俊一 : #25r7+10
  Dice... ... Syunichi:25r7=(5,1,3,1,3,8,4,8,10,3,6,4,10,2,8,10,3,10,10,8,9,10,9,8,3)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:13r7=(4,2,3,8,4,2,7,4,1,7,8,2,5)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:4r7=(7,10,2,4)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:2r7=(4,8)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:1r7=(4)=44+10=54
 俊一 : まぁ、実際達成ひくいからね
 GM :"幻影の黒炎"
 GM :<RC>+《浄玻璃の鏡/リフレックス:OU》+《トランキリティ》+《マインドエンハンス》
 GM :#13r7+4
  Dice... ... GM_HovB:13r7=(10,3,6,1,3,9,9,3,6,9,6,1,8)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:5r7=(5,1,7,1,3)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:1r7=(3)=23+4=27
 俊一 : さっきより上がった!
 GM :ダメか。ダメージどうぞ。
 俊一 : #6d10+52
  Dice... ... Syunichi:6d10=(8,5,4,4,10,9)=40+52=92
 俊一 : 92点装甲有効
 俊一 : 「ゴミはゴミ箱へって言いますが、分別も必要だと僕は思うんですよ。ええ、貴方のようなゴミは正直何処も引き取れないみたいなんで対処に困る。」
 GM :しょうがねえな。
 GM :#1d4
  Dice... ... GM_HovB:1d4=(2)=2
 GM :《原初の虚:ワームホール》。統太さんも92点食らってくれや(何
 統太 :タイタスで起きるよ!
 俊一 : 言葉に感情を込めぬまま二本の棒ですり潰す
 GM :智恵「引き取ってもらう必要はないわね。そもそもゴミでもないもの」《アクアウィターエ》で復活。
 GM :受けた衝撃を黒い炎に変えて"龍"に叩きつける。
 統太 :「ちょお痛い」(何)
 俊一 : 「・・・その怒りはそこの産業廃棄物にどうぞ。」
 俊一 : まぁ、あっても後二つでとどめさせる!
 俊一 : ・・・Eロイスつーれいがいは なしね

 ▽Action:"踊る剣姫" 神楽堂姫乃(5)
 GM :行動どうぞ。
 姫乃 :う〜ん、行動の前にGM様。一つご質問をよろしいでしょうか?
 姫乃 :自爆装置が起動した場合、裕君が終わるのは1.《ディヴィジョン》を使ったせい? それとも 2.《ディヴィジョン》を使った反動(侵食率1d10)のせい?
 GM :1です。
 姫乃 :了解です。調和者で打消しはできないということですね
 GM :ですな。
 姫乃 :では・・・
 姫乃 :「・・・・・・・家族との絆が絶たれても。あの人にこの手をかけても。私はまだ”ここ”にいる。」 謳うように呟きつつ
 姫乃 :「それはもう届かない過去。一人ぼっちの恐怖。見果てぬ定めの輪廻・・・・ただ私だけ円環の外に置かれた孤独」
 姫乃 :「・・・・でも、大丈夫。今の私には日常があるから。また新しく”絆”を結んでくれた人がいるから。」
 姫乃 :「だから、裕君。貴方にはまだ救いがある。たくさんのお兄ちゃんとお姉ちゃん達が貴方を待ってくれている。」
 姫乃 :「・・・・さぁ、一緒に舞いましょう?新しい世界への門出を祝福して。祭囃子の音と屋台のライトアップのステージで」 Terpsichora起動!
 姫乃 :メジャーで<白兵>+《C:ノイマン+マルチウェポン+ヴァリアブルウェポン+オールレンジ》(+D《器物使い》を使ってビッグアップルに攻撃
 姫乃 :パイルバンカーの杭を1個使用!
 姫乃 :#16r8-1
  Dice... ... himeno:16r8=(8,10,10,3,4,4,2,2,5,5,2,6,6,9,2,2)=Critical!!
  Dice... ... himeno:4r8=(1,5,6,1)=16-1=15
 姫乃 :はわ Σ@@
 GM :"幻影の黒炎" <RC>+《浄玻璃の鏡/リフレックス:OU》+《トランキリティ》+《マインドエンハンス》
 GM :#13r7+4
  Dice... ... GM_HovB:13r7=(3,9,2,3,5,5,4,10,4,9,10,9,2)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:5r7=(8,3,3,3,2)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:1r7=(5)=25+4=29
 GM :避けた。
 姫乃 :無念です><
 GM :智恵「残念でした」その一撃は炎で出来た幻影を切り裂いただけ。
 統太 :《ディヴィジョン》でも使ってるんですか(何)。
 統太 :<回避29
 GM :それをいうなら《イベイジョン》だな(何
 統太 :おっと失礼。
 GM :ていうか、マジで20か29しか出てないぞ!?(何
 姫乃 :あら^^;)
 GM :……あ、一回27があったか(何
 俊一 : 大丈夫!さっき27でたじゃないか!
 俊一 : ・・・30病じゃね?
 GM :どちらにしろ嬉しくねえ!(何
 七波 :すべて20台だけど(何

 ▽Action:(Enemy)"Big Apple"新井智恵(8)
 GM :マイナー:《原初の青:光芒の疾走》。
 俊一 : あ、にげらーれたー
 GM :エンゲージ:[皓][IY]←10m→[姫乃、俊一、統太]←10m→[七波]←3m→[BA]
 俊一 : BBAなにしとんのwwww
 七波 :どこ行くの!(何
 GM :え?(何
 統太 :BBAが駆け抜けたー!(何)
 姫乃 :戦術的には正しいですがw
 皓 :離れたい気持ちも解らなくはないが……
 GM :"絶望の爆炎" <RC>+《飢えし影/流血の胞子/原初の赤:焦熱の弾丸/コンセントレイト:OR》+《トランキリティ》+《エクスプロージョン》
 GM :対象:姫乃、俊一、統太(範囲)、命中時[邪毒]Lv2。HP-3。
 GM :#13r7+4
  Dice... ... GM_HovB:13r7=(3,5,6,1,1,6,3,2,2,2,2,5,1)=6+4=10
 俊一 : ・・・・
 七波 :アッー(何
 俊一 : おまえはいまないていい
 統太 :……。
 皓 :GM……(ほろ)
 GM :なあ。マジで今日何なん(何
 皓 :何なんでしょうか(何)
 姫乃 :^^;)
 GM :とりあえず回避して良いよ(何
 統太 :大丈夫、僕は避けないよ。
 統太 :《 竜 鱗 》(何)。
 GM :《龍麟》あるだろ(何
 俊一 : じゃあにこやかに
 俊一 : <守りの砂>
 俊一 : ・・・しまった守りの砂侵食+3だった!・・・全部避けれたんでとりあえずその分侵食足しとこう
 俊一 : 侵食126→131
 俊一 : #25r10+2+12
  Dice... ... Syunichi:25r10=(9,8,10,5,4,1,7,6,8,8,10,5,9,1,7,5,3,9,2,2,2,6,3,7,6)=Critical!!
  Dice... ... Syunichi:2r10=(7,9)=19+14=33
 俊一 : ゆゆうで回避
 姫乃 :#9r10 挑戦してみましょうかw
  Dice... ... himeno:9r10=(1,8,4,4,6,1,4,2,4)=8
 姫乃 :失敗><
 俊一 : すまん侵食率がひどいんで切り札は出せない(何
 俊一 : <勝利ry
 姫乃 :了解です!
 統太 :むりはしないでいい。
 GM :#2d10+18 [ダメージ]
  Dice... ... GM_HovB:2d10=(1,4)=5+18=23
 GM :23点だって(何
 皓 :久能君は無理しない方がいい。
 統太 :無傷と言ってやる(何)。
 姫乃 :容赦なく行きましょうか リアクティブアーマー起動!
 姫乃 :#2d10
  Dice... ... himeno:2d10=(7,6)=13
 姫乃 :13点軽減して残りHP57
 俊一 : かてぇ!w
 姫乃 :まだガードしてませんけどねw
 七波 :姫乃さんの真骨頂はガードだろう(何
 姫乃 :えぇ、そうですねw
 GM :手ごたえのなさにただ歯噛みするのみ。

 ▽Action:(Enemy)"一之瀬裕"(6)
 GM :うーん。
 GM :#1d4
  Dice... ... GM_HovB:1d4=(1)=1
 GM :マイナー:津嶋君にエンゲージ。
 皓 :よし来い。
 GM :エンゲージ:[皓、IY]←10m→[姫乃、俊一、統太]←10m→[七波]←3m→[BA]
 GM :メジャー:"Dual-Blade"
 GM :<白兵>+《アームズリンク/コンセントレイト:BD》+《炎の剣/雷光撃》+《アドレナリン》+《転生体:マルチウェポン》
 GM :対象:皓(単体)、追加効果は特になし。HP-3
 GM :#14r7+4-2
  Dice... ... GM_HovB:14r7=(8,7,2,9,6,4,8,2,2,6,3,1,7,2)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:5r7=(6,7,3,2,5)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:1r7=(2)=22+2=24
 GM :24。
 皓 :ガード。ダメージください。
 GM :#3d10+34
  Dice... ... GM_HovB:3d10=(6,2,5)=13+34=47
 GM :47点。攻撃がアームブレードなのでガード値-10。
 GM :>−5×2
 皓 :うん。どのみち落ちた。リザレクト。斬り伏せられるもふるりと頭を振り。ただ。見て。#1d10+95
  Dice... ... kou_t:1d10=(5)=5+95=100
 皓 :お。丁度乗った。100%のHP5
 GM :うつろな目のまま刃を振るう。行動終了。
 皓 :「……そんなこと、しなくていい。君は、普通に帰ればいいだけだから」ね。と、笑って。届く位置の彼の頭に手を乗せた。以上で。

 GM :[クリンナップフェイズ]
 俊一 : さぽでぱ かいじょ
 俊一 : 後おりじなるつーるも
 GM :邪毒受けてる人6点食らっといてくれー(何
 七波 :《ミラーイメージ》解除。
 統太 :はいな。
 皓 :《フェニックスの翼》宣言。HPは25へ。侵蝕は104%。
 姫乃 :6点ダメ 残りHP51 果たして《リザレクト》できる日がくるのでしょうか・・・
 統太 :頑丈だなぁ。
 GM :こないんじゃね(何
 姫乃 :私もそう思います^^;)
 俊一 : 逆にこっちはきついんだが
 俊一 : <侵食 現在131
 俊一 : まぁEロイス二つあるし大丈夫だよね!

 俊一 : って3つか
 
 <Round-2>
 
 [セットアップ]
 統太 :なし。
 俊一 : さて皆様、ファンアウトは欲しいですか?
 俊一 : <つっても約2名
 皓 :無しで。
 七波 :《ミラーイメージ》宣言、侵蝕率120%
 姫乃 :《加速装置》使用!IV:11へ 侵蝕率:78%
 統太 :くのうちんにまかせる。
 七波 :ああ、アルティメイド服の効果で行動値は12に低下中です。
 姫乃 :私もお任せします
 統太 :接近しても加速で離脱されそうだしなぁ
 俊一 : なんだよねー
 俊一 : うし、それでも念のためファンアウト宣言
 俊一 : 二人動けー
 姫乃 :了解です!
 統太 :距離の離れてる皓とひめのんかな
 俊一 : そして侵食率は131→135へ
 俊一 : いや
 俊一 : コレ対象が「範囲(選択)」だからな
 皓 :いや、ファンアウトは範囲の筈。
 俊一 : とーたちんとひめのん
 統太 :嗚呼…。
 統太 :そんじゃ接近するか。
 姫乃 :て、はわ 七波さんとエンゲージになるのかな?
 俊一 : あとどっちにしてもこーちゃんはエンゲージ中じゃ
 俊一 : まぁ、布陣はうって損はない
 姫乃 :>途中に七波さんがいる
 皓 :ですね。僕は裕君と現在接敵です。
 皓 :封鎖してなければ七波さんはスルー出来るんじゃないかな。
 統太 :味方の移動は阻害されないと思う。
 俊一 : 味方だと問題なくね?
 七波 :しないよ(何
 皓 :ですよね。
 姫乃 :了解です!では、13m移動してBAにエンゲージですね!
 統太 :同じく接近。
 GM :エンゲージ:[皓、IY]←10m→[俊一]←10m→[七波]←3m→[姫乃、統太、BA]
 GM :あーうん。BAのセットアップなんだが。
 GM :まず《シャドウマリオネット》を使用。対象は姫乃さん。
 GM :#9r10+4
  Dice... ... GM_HovB:9r10=(9,6,10,10,3,8,4,1,2)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:2r10=(1,10)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:1r10=(8)=28+4=32
 皓 :おう?
 GM :32。意志で抵抗してくれ。失敗したら此方の意のままに[戦闘移動]。
 俊一 : そーきたか
 七波 :意志と来たか
 皓 :なるほどそう来るか……!
 姫乃 :あう><
 七波 :とりあえず、《支配の領域》。2段目の10を1に落とします。
 統太 :ぬぅ。
 俊一 : そーよね
 俊一 : コレで目標15か
 GM :んじゃ15か。
 七波 :侵蝕率は123%
 統太 :妖精でなんとかなるか……?
 姫乃 :固定値が4あるので
 姫乃 :とりあえず判定します!
 皓 :1回回れば妖精で問題ないですね。
 七波 :訂正、122%
 姫乃 :#2r10+4
  Dice... ... himeno:2r10=(9,2)=9+4=13
 七波 :《妖精の手》!
 姫乃 :あと2^^;)
 姫乃 :ありがとうございます!
 GM :ち、ではそのままか。
 七波 :侵蝕率は126%
 GM :んで、改めて《唯我独尊》→《破滅の足音》。対象は裕。
 七波 :『あたしの領域で、好き勝手はさせないわよ』
 皓 :来たな……!
 GM :智恵「……ならばせめて、盛大な花火でも打ち上げてもらおうかしら……!」小型の黒い装置を取り出す。
 GM :この時点で妨害が可能なのは久能君以外全員だな。
 俊一 :
 俊一 : ほばとんや
 GM :>何らかの形で届く攻撃手段がある
 GM :うい。
 皓 :林檎さんにということですよね。届きます。
 姫乃 :なるほど 攻撃手段ですか
 俊一 : ・x・) 此方が何らかの攻撃をこの位置から攻撃できればいいんだよね
 統太 :届くな。
 GM :だから姫乃さんを遠ざけようとしたんだ。
 姫乃 :なるほど
 GM :>人数減る分確率下がるから
 皓 :なるほど。ファンアウトは正しい判断でした。
 GM :そうなりますな。>こちらが
 俊一 : おk、それじゃあ判定ふってくれ
 姫乃 :私、下手したらタイタス3つぐらい昇華しますものね。
 俊一 : ・・・侵食率ひくいからな。ひめのん・・・
 姫乃 :>現状
 GM :分かった。で、判定は[知覚]でやってもらいます。
 統太 :げげー!
 俊一 : どちらにしろ役にたたねぇ!
 皓 :お。それなら目がある!
 七波 :祭りでこっちの弱点を見た上でか!(何
 GM :んでもって、こちらは<知覚>+《無形の影/コンセントレイト:OU》だ。
 GM :あ、《トランキリティ》も追加。
 皓 :上げる上げる。まぁやるといいよ。頑張る!
 GM :#13r7+1 [基準決定]
  Dice... ... GM_HovB:13r7=(3,7,2,4,2,6,6,1,5,9,9,2,5)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:3r7=(7,6,4)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:1r7=(6)=26+1=27
 GM :何この固定パターン(何
 GM :まあ27だよ!(何
 姫乃 :おめでとうございますw
 俊一 : ないていいと思うよ
 皓 :何でしょうね(何)
 俊一 : <確実に飛ぶものがあるから
 七波 :いちおー支配でからめ捕りましょーか?
 俊一 : やっとけ
 俊一 : そーすりゃ確定でおわる
 統太 :打てる手は打とう。
 七波 :うい、《支配の領域》で2段目の7を1に落とします。
 皓 :ですね。
 七波 :達成値は17か
 GM :あいよ。まあ振ってくれ。
 皓 :ええと、これはリフレックス判定ですっけ?
 七波 :侵蝕率は132%
 GM :PC側の判定はリアクションとします。
 俊一 : いや16だな(何
 俊一 : あぁ、17か
 俊一 : ・x・) 失敬+1見えなかった
 姫乃 :16+1なので17ですね
 皓 :了解では《電光石火/リフレックス:HM》で判定します。いいかな? >ALL
 俊一 : あぁ、とりあえず皆かるくふっていいよ
 七波 :どうぞー
 統太 :OK!
 俊一 : <どうせ勝利の女神で+18だ
 姫乃 :どうぞ〜 万が一失敗しましたら私がタイタス切りします〜
 皓 :うし。では行きます。以上の判定で #16r7+1
  Dice... ... kou_t:16r7=(1,6,2,3,2,7,7,7,9,5,7,6,2,1,8,9)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:7r7=(3,7,4,9,9,2,3)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:3r7=(8,9,8)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:3r7=(10,7,8)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:3r7=(10,2,4)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:1r7=(8)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:1r7=(6)=66+1=67
 七波 :鬼すぐる(何
 姫乃 :wwwwwww
 皓 :ははは(何)
 統太 :皓の本気が(何)。
 皓 :ともあれがっちり弾いた!
 姫乃 :文句なくw
 俊一 : ・x・)
 俊一 : 支配もってても無理だなこれw
 皓 :侵蝕は109%で。#1d10-25
  Dice... ... kou_t:1d10=(2)=2-25=-23
 皓 :HP23に減少。
 GM :んじゃ演出入れて弾き飛ばしてくれ(何
 皓 :おういえ。
 皓 :「──やらせるか!」裕君に手を置いたまま、逆の手ににぎられた得物で風を巻き起こし、相手の手に在る何かを弾き飛ばした。
 GM :智恵「……なっ!?」その一撃で思わず装置を取り落とす。
 GM :慌てて再度拾い上げようとするが。
 皓 :「裕君を元の場所に返す邪魔はしないでと言った!」そのまま、2段目の太刀で弾いたモノを叩き壊そうかね。
 GM :智恵「……く、良くもやってくれたわね……!」装置を破壊され、忌々しげに睨みつけて立ち上がる。
 俊一 : 「よくもですか。貴方に人生滅茶苦茶にされた方々もきっとそれ以上に悔しかったでしょうね。」
 GM :装置が破壊されて、裕の眼の焦点が戻る。「……皓、兄ちゃん……?」
 皓 :「気づいた? 裕君」
 七波 :『あれが壊れたから、正気に───?』
 皓 :彼に乗せたままだった手。それで彼の頭を撫で。
 GM :「そうか……僕は……うん、大丈夫……ごめん」そう詫びた直後崩れ落ちる。まだ意識はあるが。
 GM :※これ以降、"一之瀬裕"は退場扱いとなります。
 皓 :「いいよ。目が覚めたら……また、お姉さんを探しに行こう?」
 GM :その言葉に、静かに頷いた。
 統太 :「まー花火をあげるってのは賛成だ。きったねぇ花火だがな――死ねよ」
 俊一 : つまり後はDust to Dust ってことですねわかります
 GM :それで済むと良いね(何

 ▽Action:"正位置の太陽" 津嶋皓(20)
 皓 :んー。
 GM :まーわけで行動どうぞ。一応、あと一息とは行っておく。
 皓 :動くのはよそう。ここで叩く。
 皓 :《炎の加護》 →白兵18+《浸透撃/音速攻撃/炎の刃/コンセントレイト/リミットリリース/クロスバースト/マシラのごとく/かまいたち》
 皓 :侵食率:26%
 皓 :ついでだ。伝承者も入れておく。
 皓 :「後は……終わらせるだけだ!」その場で構え、叩くべき相手に向き直り。見据え、その場で振り切った。対象は林檎さん。
 GM :うぎゃー(何
 皓 :#14r6+18-1
  Dice... ... kou_t:14r6=(9,4,9,1,7,3,8,1,4,5,10,4,5,6)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:6r6=(9,6,8,2,5,2)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:3r6=(7,3,3)=Critical!!
  Dice... ... kou_t:1r6=(3)=33+17=50
 皓 :#3d10+50
  Dice... ... kou_t:3d10=(1,1,8)=10+50=60
 皓 :く……60で!
 GM :足掻くだけはあがく。"幻影の黒炎" <RC>+《浄玻璃の鏡/リフレックス:OU》+《トランキリティ》
 GM :#13r8+4
  Dice... ... GM_HovB:13r8=(2,2,1,3,4,9,4,3,8,4,2,2,5)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:2r8=(8,5)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:1r8=(8)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:1r8=(1)=31+4=35
 GM :おい、Cr8になったら上がったぞ(何
 皓 :なんでかね(何)
 七波 :何故に(何
 統太 :バグってんだよ(何)。
 GM :どの道命中だが。ダメージくださいよ(何
 皓 :まぁダメージは装甲無視で。#7d10+68
  Dice... ... kou_t:7d10=(6,3,10,6,10,9,3)=47+68=115
 俊一 : ひでぇ
 皓 :115点装甲無視。その場で振るい、襲いかかるのは目視できぬ風の太刀!
 皓 :侵蝕は135%へ。
 GM :智恵「――――!」大きく体が斬り裂かれる……が、踏みとどまる。《蘇生復活》!
 皓 :「もう、そろそろ後が無いだろ」言いつつも、こちらも軽く熱を吐く。HP-5で18へ。
 姫乃 :あと一撃!《奇跡の雫》なければ><
 皓 :行動は以上で。
 GM :《奇跡の雫》はないが《加速する刻》。先に言うが《加速する刻U》も使うぞ。
 俊一 : なにその往生際の悪さ(何
 皓 :まぁ来るだろうね。
 七波 :最後の意地か(何
 GM :アンタら。散々こきおろしてるの忘れてるだろ。特にくのー君(何
 皓 :あー……
 統太 :何度でも受けて立つさ! 《竜鱗》で(何)。

 GM :▽Action:(Enemy)"Big Apple"新井智恵(《加速する刻》&《加速する刻U》)
 GM :智恵「―――実験の役に立たないものなんて―――要らないのよ―――!」
 GM :マイナー:無し
 GM :<RC>+《飢えし影/流血の胞子/原初の赤:焦熱の弾丸/コンセントレイト:OR》+《トランキリティ》+《エクスプロージョン》+《背教者の王》で"絶望の爆炎"。
 GM :#13r7+4
  Dice... ... GM_HovB:13r7=(3,4,10,2,8,10,2,10,8,1,9,4,4)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:6r7=(10,5,8,10,2,3)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:3r7=(7,8,4)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:2r7=(4,1)=34+4=38
 GM :38!
 皓 :対象は?
 俊一 : 対象 だれだっけ
 俊一 : <こき下ろしてる椰子2名
 GM :あ、対象は同じエンゲージの3人な。
 GM :じゃなくて二人か。
 皓 :二人ですな。
 俊一 : ・x・) 二人だね。あちし遠く離れてるw
 統太 :うちとひめのんだな。
 姫乃 :統太さん。庇いますか?
 統太 :任せる。
 姫乃 :では、侵蝕率が(逆に)不安なので庇いますね!
 統太 :ぜいたくな悩みだなぁ(何)。
 統太 :お願いします。
 姫乃 :では、《崩れずの群れ》+《電磁障壁》を使って統太さんをカバーリングしながらガードします。侵蝕率 78→82へ
 GM :#4d10+18+12 [ダメージ]
  Dice... ... GM_HovB:4d10=(3,3,5,6)=17+30=47
 GM :47点装甲有効。
 姫乃 :#4d10+8 ガード
  Dice... ... himeno:4d10=(5,9,7,5)=26+8=34
 姫乃 :総ダメ26点だから・・・・残りHP35点
 姫乃 :《リザレクト》なし!

 GM :んじゃ2発目(《加速する刻U》)。同じコンボを今度はくのー君に投げる。
 GM :#13r7+4
  Dice... ... GM_HovB:13r7=(6,9,5,2,5,10,8,4,10,1,4,8,2)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:5r7=(5,6,4,2,5)=16+4=20
 俊一 : 来いよベネット!・・・ってあるぇー?
 GM :あるぇー(何
 統太 :クリット下がると弱くなる。
 皓 :今夜のGMさんは……(ほろ)
 GM :怒り心頭のせいかさらに精度が狂ったようです(何
 俊一 : じゃあ可哀想だけど宣言しよう
 統太 :FHで何やってたんだBBA(何)。
 姫乃 :研究かとw
 GM :研究ばっかだったんだろ(何
 俊一 : あたったらペナルティなんかあったっけ?
 GM :[邪毒]が2Lv程入りますが(何
 俊一 : 毒だけか
 俊一 : いやね。タイタス一つも使ってないからタイタス使ってもいいと思ったんだ
 GM :使えば良いんじゃね(何
 俊一 : という事で哀れみの眼を持ってあたってやろう(何
 俊一 : こいよry
 皓 :ひでー。
 GM :#3d10+30 [じゃダメージ]
  Dice... ... GM_HovB:3d10=(7,5,10)=22+30=52
 GM :更にキレたっぽいぞ(何
 GM :まあ52点だ(何
 姫乃 :あらw
 俊一 : タイタス使いますね。既にタイタスになってる"FHの実験体"を昇華
 GM :さらに狂ったように黒い炎を辺りにばらまく。
 俊一 : 「・・・なんですかコレは。」
 俊一 : 「こんなものが…こんなしょぼくれたモノが貴方の欲望ですか…?」
 俊一 : そう言いながら、一振りで炎をかき消す。

 ▽Action:"天翔ける龍" 九衛統太(17)
 GM :なんだが。
 俊一 :
 統太 :なんでせう。
 GM :俊一の言葉も既に聞こえている様子はなく、統太の顔面を掴み。爆炎を放つ。
 姫乃 :あう?
 GM :これが最後。《裏切りの真名》を宣言!
 俊一 : 本当に執念深いなこのBBA!w
 姫乃 :と、こちらにも来ましたか><
 統太 :来たなぁ。
 GM :#4d10
  Dice... ... GM_HovB:4d10=(5,8,10,7)=30
 俊一 : GMの出目が走ってる!ダメージ方向だけ!
 統太 :よし。
 皓 :範囲か……
 GM :30+[それぞれの侵食率/10]点ダメージ持ってけ!
 GM :智恵「――皆、死ね――壊れてしまえ―――!」
 統太 :GM。途中成長宣言。
 GM :成長内容を。
 姫乃 :カバーリングしようと思えばできるのですが・・・・
 統太 :《イモータルライフ》修得。
 GM :おま(何
 GM :……あれ、持ってなかったん(何
 統太 :持ってなかったヨ。
 統太 :みんな統太の強さ過大評価してるねん(何)。
 GM :まあ良いや。使うなら許可します。どの道終わりだ(何
 統太 :感謝。
 統太 :#2d10+103
  Dice... ... Touta:2d10=(4,6)=10+103=113
 姫乃 :えぇと・・・
 俊一 : リザレクトの一文字でおわるか?ひめのんって・・・
 姫乃 :#1d10+82 初《リザレクト》!
  Dice... ... himeno:1d10=(5)=5+82=87
 俊一 : ちょw
 皓 :どう言うこと……?
 GM :まだ87かよ(何
 俊一 : そんなの絶対おかしいよ(何
 統太 :抜群の安定力というかあれだけ活躍してまだ87%かい!
 七波 :もううちら帰ろうか(何
 俊一 : (本当に超燃費いいなひめのん!
 姫乃 :姫のんの真骨頂ですからw
 七波 :出目は関係なかろう(何
 統太 :「ん? 何かした?」
 統太 :汚い手を剥がして握り潰す。
 GM :もはやほぼ暴走状態なので言葉はないが。倒れない"龍"に、確かに"恐怖"の表情を浮かべた。
 統太 :ついでに。
 統太 :《リセット》でバッステ回復してやる(何)。
 GM :ヒドス(何
 GM :まあ、さっさとトドメ刺すと良いよ!(何

 統太 :「実験ってさっき言ってたよな?」
 統太 :拳をギチギチと握り締め。
 統太 :「じゃあ俺も実験してみようか」
 統太 :全身の外骨格が開き、吸気を開始。
 統太 :「――生身で大気圏離脱できるかどうかをなぁ!!!」
 統太 :マイナーでジェネシフト。
 統太 :#1d10+116
  Dice... ... Touta:1d10=(6)=6+116=122
 統太 :メジャー。《コンセントレイト:キュマイラ》+《獣の力》+《天を統べるもの》+《神獣撃》+《獣の王》+《吠え猛る爪》+《マシラのごとく》+《神速の鼓動》+《フラットシフト》。
 統太 : 
 統太 :“皇竜咆哮-Pendragon Impact-”
 統太 : 
 俊一 : 殺す気しかございませんな(・x・
 統太 :#11r7+3
  Dice... ... Touta:11r7=(2,9,8,4,8,9,2,8,7,10,4)=Critical!!
  Dice... ... Touta:7r7=(5,10,8,3,3,5,7)=Critical!!
  Dice... ... Touta:3r7=(1,3,6)=26+3=29
 統太 :出目が腐ってやがった。
 俊一 : まぁ、どうせHP1だ(何
 GM :"幻影の黒炎" <RC>+《浄玻璃の鏡/リフレックス:OU》+《トランキリティ》
 GM :#13r8+4
  Dice... ... GM_HovB:13r8=(3,6,8,7,5,6,1,5,5,4,5,3,8)=Critical!!
  Dice... ... GM_HovB:2r8=(7,3)=17+4=21
 俊一 : できないぽ
 俊一 : <けものきんぐ(何
 GM :て、獣の王だったな。(何
 姫乃 :リアクション不可ですね
 統太 :うむ(何)。
 統太 :#9d10+71
  Dice... ... Touta:9d10=(1,1,1,6,5,6,1,3,6)=30+71=101
 統太 :101点直撃。
 GM :それでアウトだ。最後の演出どうぞ。

 統太 :“BigApple”の頭部を粉砕したまま諸共上昇してそのまま遥か彼方の空へ。
 統太 :上空で発火を始めた死体を一気に押し上げて上に飛ばし――大気圏を離脱する前に粉々になった汚い花火を一瞥して地上に帰る。
 統太 :差来週のフォーゼにちなんでみたよ!
 七波 :『───ずいぶん、派手な攻撃ね』
 統太 :「任務完了、実験失敗。まぁこんなもんだろ」
 俊一 : 「お疲れ様でした。・・・ま、もっともあれに相応しい最後なのかはわかりませんが。」とだけ
 統太 :「実験に使われて失敗したんなら、科学者として最悪の死に様だろうよ」




 Back Track

 GM :今回のEロイス。《砕け散る絆》×2、《破滅の足音》、《唯我独尊》。計4つ。
 GM :使うなら使ってから判定して下せえ。

 七波 :侵蝕率132%、Eロイス使用させていただきます。
 七波 :#4d10-132
  Dice... ... Nanami-M:4d10=(4,3,5,3)=15-132=-117
 七波 :侵蝕率117%、Dロイス1、ロイス4(S含む)、タイタス1、空き1
 統太 :使おうか。#4d10-122
  Dice... ... Touta:4d10=(4,7,4,7)=22-122=-100
 統太 :あぶねぇ……。
 皓 :最終侵蝕率135。タイタスは無し。D1,S1。取り敢えずEは使わせていただきます。#4d10-135
  Dice... ... kou_t:4d10=(10,4,4,6)=24-135=-111
 俊一 : 侵食率135・・・同じくEロイス使わせてもらいます。
 俊一 : #4d10-135
  Dice... ... Syunichi:4d10=(3,6,6,3)=18-135=-117
 俊一 : 117かー
 皓 :111%か。ロイスはSを含め5。このまま振ります。 #5d10-111
  Dice... ... kou_t:5d10=(4,4,5,6,8)=27-111=-84
 七波 :皓さんに■尊敬/脅威を取得して5個で通常にチャレンジ
 皓 :よし順当。84%帰還。
 七波 :#5d10-117
  Dice... ... Nanami-M:5d10=(2,1,2,1,2)=8-117=-109
 俊一 : そしてロイス報告。 固定2、PC、BBA、裕たその5つですね
 七波 :な!?
 俊一 : おまwwww
 姫乃 :あら
 俊一 : ンじゃ、あちし振るわ
 七波 :追加振りまーす(何
 七波 :#5d10-109
  Dice... ... Nanami-M:5d10=(4,8,2,10,2)=26-109=-83
 俊一 : 通常で(何
 七波 :ふー、生還。
 俊一 : #5d10-117
  Dice... ... Syunichi:5d10=(10,5,6,8,6)=35-117=-82
 俊一 : 此方は通常帰還しました。
 姫乃 :最終侵蝕率87% Dロイス1、空きロイス1、タイタス1 ロイス枠4 Eロイスは必要とせず
 GM :バックトラックまで波乱が……(何
 姫乃 :この時点で生還おめでとうございます!(何
 姫乃 :では、1倍振りでふりますねw
 姫乃 :#4d10-87
  Dice... ... himeno:4d10=(4,1,10,4)=19-87=-68
 GM :すいませんね出目が腐って!(何>この時点で
 皓 :え、ちょ、事故……!?(離席してた)
 姫乃 :いえいえw姫のんが効率よすぎでしたw
 統太 :ロイスが残り4個なので通常で。#4d10-00
  Dice... ... Touta:4d10=(2,2,2,6)=12
 七波 :燃費が良すぎるのもダブルクロスでは考えもの(何
 統太 :#4d10-100
  Dice... ... Touta:4d10=(8,2,10,8)=28-100=-72
 皓 :統太君も怖い目を……
 GM :事故りましたな、七波さんが……。いや帰ってきてはいますが。
 皓 :お帰りなさい!
 統太 :正直言って怖いよ……うちも厄払うか。
 GM :とまれ全員帰還か。お帰りなさいませ!
 俊一 : ただいま(’’ 伯爵
 七波 :おかーりっす
 GM :とりあえずこのままEDやるよ!2シーンほど!(何
 姫乃 :おかえりなさいませ!
 皓 :おういえ! ちょっと5分ほど待ってもらっていいかな!(何)
 GM :良いよ!(何
 皓 :じゃぁなるべく早く戻ります!(余計な気合い)
 皓 :お待たせしました!
 統太 :おかえりなさい。
 GM :んじゃやりますか。



 5.Ending Phase

 Ending「祭りの後」
 Place:黒巣神社/広場 登場:強制
 Scene-Player:ALL

 GM :"Big Apple"新井智恵は空の塵と消えた。

 GM :……だが、支配から解放された筈の"一之瀬裕"は崩れ落ちたまま立ち上がろうとしない。
 GM :それどころか。その姿は徐々に薄れ、消えつつあった。


 七波 :『ちょっと、どういうことよ…!?』
 皓 :「え……裕君!?」
 GM :裕「……やっぱり、限界だったみたい、だね」
 皓 :薄れる姿に屈みこみ、手を当てた。
 姫乃 :「最初から・・・気づいていたのですか?」沈痛に耐える表情で
 GM :裕「ここに来る時に、大分力を使っちゃってたから……」姫乃の言葉にゆっくりと頷いて。
 GM :裕「まだもう少し持つとは思ってたけど……あの人に、操られたのが効いたみたいだ……」
 七波 :『まだ、約束果たしてないのに…!』人間の姿に戻り、駆け寄る。
 皓 :「限界とか、どうして……」ふる。と軽く首を振り。薄れる姿を抱え込む。
 姫乃 :「・・・なるほど。だから・・・・急いでお姉さんに会おうとしていたのですね。」
 GM :裕「せめて消える前に美織姉ちゃんに会いたいと思って此処に来て……」
 GM :裕「……姉ちゃんには会えそうにないけど……皓兄ちゃん達のおかげで最後に新しい思い出ができた。ありがとう」
 GM :姿がさらに薄れて行く。
 皓 :「まだ、君の目的を叶えてないだろ。お姉さんを見つけるって。それを叶える前にいなくなるなんて、駄目だよ」
 GM :裕「分かってる。分かってるんだ……」
 GM :裕「でも、もう、これ以上はだめみたいだ……できるなら、少しで良いから僕の事。覚えててね……」
 GM :裕「……さよなら、皓……兄ちゃん」
 七波 :「駄目、駄目だよ…まだ、あたし達……君の望みを───いなくなるなんて、駄目…!」
 皓 :「──諦めないで。君が諦めちゃ、会える筈のものも会えないだろ!?」 近くにいる。ここにいるということが解るなら。もう少しなのだから。
 GM :その言葉を最後に――眩い光が周囲に満ちる。

 GM :――そして光が消えた後。

 GM :「………あ、れ?」

 GM :どことなく間の抜けた声が、少年の居た場所から聞こえてきた。
 七波 :「…………へ?」
 皓 :「……裕君……?」
 GM :―――少年は、消えてはいなかった。
 姫乃 :「・・・・・・・・あら。」
 GM :半透明の幽霊などでは無く。しっかりとした実体をもって。そこに居た。
 統太 :「……」
 俊一 : 「………」
 GM :裕「……あー………」
 皓 :「────はは、良かった」
 姫乃 :「・・・・・・・・おかえりなさい、裕君。」つうっと片頬を涙が滑り落ち。
 皓 :気が抜けた様にへたり込み。思わず笑いが漏れた。
 GM :裕「……ごめんなさい。心配させて」多少恥ずかしそうに、頭を下げた。
 姫乃 :それでも、嬉しそうに。どこかホッとしたように微笑みます。
 七波 :「よかった……」緊張の糸が切れてその場に座り込む。
 皓 :「いい。うん……良かった」ふぅ。と声を上げ。ぽん。ぽんと頭を軽く叩く。
 俊一 : 「再構成されたのかもしれませんね。詳しい知識がないから何ともいえませんが。」
 皓 :「……じゃ、改めて。お姉さん、見つけに行こう?」
 姫乃 :「弟は心配をかけるものです。さすがに、こんな心配はかけて欲しくないですけどね。」
 統太 :「とりあえずあれだ。服着せてから考えるか」
 七波 :「そうね…探しに、行こう」
 俊一 : 服着てないのかいw
 GM :心配するな、服はそのままだ(何
 統太 :そうか(何)。
 GM :蒼太「……うおーい、皓ー!どこだー!?」そんな和やかな雰囲気のところに聞き覚えのある騒がしい声が響く。
 皓 :「……あ」
 七波 :「……あー……間がいいというか悪いというか」
 皓 :聞き覚えのある声に立ちあがり。
 統太 :余波に巻き込まれなかったのか蒼太(何)。
 七波 :シーン攻撃の余波で一緒に大気圏に…(何
 皓 :「ここにいるよ、蒼太」おーい。とこちらも声を上げ。ぶんぶんと手を振った。
 GM :蒼太「……あ、いたいた!何やってんだよ皓に七波ん!花火大会始まっちまうぜ!?」全く何もなかったようです(何
 GM :蒼太「かざみーとか八雲もいたから声かけたら先に行ってるってさー!」
 七波 :「あー……花火大会なら人が集まるから…もしかして?」
 皓 :「あ、もうそんな時間か……じゃ、見ながらまた探してみようか?」
 俊一 : 「・・・まぁ、こういう終り方もありでしょう。」
 GM :裕「うん。……もうしばらく、宜しくね」
 皓 :「ん。じゃ、行こう」
 七波 :「そうですね、行きましょうか」
 皓 :言って手を差し出し。「統太さんや俊一君、姫乃さんも。一緒にどうです?」背後の皆にも声をかける。
 俊一 : 「・・・僕は支部の方へ連絡しておきます。後始末もありますから」と、少し緊張を抜き
 俊一 : <みなに先に行くように伝えた(何
 統太 :「分かった。俺は一緒に手伝ってくる」
 皓 :その様子に瞬きして。がし。と俊一の手を掴む統太さんにも向き直り。
 皓 :「一緒に行きましょう。そんなの、あとでも何とかなりますから」
 七波 :「そうよ、今日くらい少し気を抜いたって、だれも責めませんよ」
 姫乃 :「・・・・あ、はい。今、簡単な報告だけさせて頂きました。では、僭越ながらご一緒させて頂きますね。」
 皓 :「今年の花火は今しかないんですよー」そのまま問答無用でみんなを連れて行きますね!
 統太 :「あーれー」(ずるずる)
 七波 :肉体10だから勝てんな(何
 皓 :放さないぜ。 <男性ズ
 俊一 : 「・・・しょうがないですね。とりあえずは連絡だけにしておきましょう。」何かを諦め、ついていく
 皓 :「ん。じゃ。行こう」諦めた表情にも構わず、何時も通りに笑いかけ。蒼太の案内で皆の集まるところへと歩いて行った。



 GM :さてと。最後のギミック発動、と(ぽち)
 
 ;*GM_HovB mode +ooo Jibaku5 wakaba Yunagi
 ;*nick Jibaku5 → seiji-Y
 ;*nick wakaba → charm
 ;*nick Yunagi → Ibuki-K
 
 俊一 : `;:゙;`;・(゚ε゚ )
 
 ;*minakata join #DX_HovB (~minakata@p4047-ipbf406akita.akita.ocn.ne.jp)
 ;*GM_HovB mode +o minakata
 ;*nick minakata → Amane
 
 ※このセッションには「グループ1、2の両方でヒロインが生還した場合のみ」隠しエンディングを用意しており、
  その条件を満たした時に、グループ1の参加者のうちチャンネルに入っていた方にあらかじめ出演を依頼していました。
  で、ヒロインたちがどうなったのか。それは次のエンディングをご覧ください。




 Extra-Ending「祭りの後、そして……」
 Place:黒巣神社/花火会場
 Scene-Player:ALL(※Group-1参加者も含む)

 戦いが終わって。
  
 祭りの大詰めの花火大会の会場へやってきた。
 そこには先客として、見知った顔が何名か居たのであった。
  
  
 GM :高人「……お、津嶋達も来たか」良平「……お疲れ」
 天音 : 「………」 ボロボロ状態でへばってる神様(ぁ
 七波 :「風見先輩に、岩瀬先輩…?」
 皓 :「あー。やっぱ結構知った顔来てたんだ」や。と高人に手を上げつつ。引っ張って来た連中も放すよ。
 幸乃 :「あ、津嶋先輩もきてたんですね。」お面はななめにかぶってる、浴衣姿。
 伊吹 : 「ジャスティス! どうしたんですかそんなに泥まみれで」
 統太 :「意外に津嶋くんって力あるんだ、ってネタは置いといて。お前らも来てたのかよ」
 姫乃 :「・・・あら、皆さん。お揃いで集まっていたんですね」
 GM :高人「八雲達も来てんぞ。買い出し行くって言ってたから、そろそろ帰ってくるんじゃねえか」
 七波 :「何このちみっこ、えらいへばってるけど」
 七波 :神様見つつ(何
 俊一 : 「て、妙にあなた方もボロボロですね・・・何があったんです?」
 幸乃 :「え・・・ちょっと裏山が消えたくらいで、たいしたことはおこってないですじょ」かんだ
 幸乃 :「だ、だいじょうぶですよ! UGNの人たちが必死で復旧作業してますから! 明日にはもとどおりですっ!」ぐっ
 伊吹 : #1d2 1なら浴衣 2ならまだフルアーマー
  Dice... ... Ibuki-K:1d2=(2)=2
 GM :オイ待てよフルアーマーとか(何
 皓 :「何か皆大変そうだね……もしかして似た様な事があったとか、かな」言い分に思わず苦笑しつつ。
 伊吹 : しゃんしゃんしゃん♪ フルアーマーが涼しい音を・・あれ
 俊一 : おまいは夜店に何をしに来たんだ(何
 七波 :いい加減浴衣着ろよ(何
 皓 :あーぁ(何)
 天音 : 「ふふふ……なぁに、人間一人の大事な思い出を守っただけのことよ……少々張り切りすぎたがな……畜生、まだ痛いぞ……」
 統太 :ああまった。ついでに。ゆきのんも振るんだ。
 幸乃 :ん? #1d2 ?
  Dice... ... charm:1d2=(2)=2
 姫乃 :私に対する挑戦ですかーー? (←同じくさっきまでフルアーマー
 幸乃 :てか、わたしふるあーまーなんてもってないよ?
 皓 :何この女性半分重装備とか
 七波 :ふるあーまーゆきのんか(何
 統太 :ちがったひめのんだったorz
 俊一 : 「………もう嫌だこの黒巣市。」フルアーマー2名見た。疲れがでた(何
 皓 :「ええと……大丈夫?」何かへばってるちびっこさんに声かけつつしゃがみこんでおくね……。
 天音 : 「ふはははは……神がこの程度ごときで消えるわけ無かろうが…痛いものは痛いがな……」
 伊吹 : しゃんしゃんしゃん 「すみません、ちょっと正義を執行していたもので・・! ジャスティスっ」 敬礼しつつ
 七波 :「それは大変そうだったわね…って、何そこの空気を読めてない子は?」フルアーマー見つつ(何
 姫乃 :あえて言いましょうw私はフルアーマーではありません!きちんと着替えました!
 姫乃 :乙女心を舐めないで下さい!(マテ
 伊吹 : 鎧を脱ぎつつ巾着袋に
 伊吹 : 浴衣の上からアーマーですよ(

 誠二 :「…………おーーーーーーーい…………」 ずりっ、ずりっと、声と共に重い何かを引きずる音。
 皓 :ん? と引きずる音に顔を上げた。「誠二か……どうしたの?」
 GM :高人「……あ、帰ってきた……って亀山はどーした」八雲の方を見て(何
 伊吹 : 「八雲先輩、おかえりなさい! あれ、きりと兄さんはどうしたんですか?」
 誠二 :「浴衣に着替えてる間にどっか消えてな……おかげでこれ全部一人で持つ羽目になったよ……」
 誠二 :両手一杯にお菓子やジュースの一杯入ったビニール袋を引きずりつつ。
 伊吹 : 「それはお疲れさまです・・・。きりと兄さんには後でしっかりと含めておきますから」 と袋を片手で受け取りつつ

 幸乃 :「あ、そうそう、このあたりで、男の子捜してるんですけど。」
 統太 :「こっちも女の子探しに来たんだ」
 七波 :「………奇遇ね、こっちはお姉さんを探してるんだけど」と幸乃さんに。
 俊一 : 「……………一応確認します。あなた方が探している子って誰ですか?」
 幸乃 :「えーと、一之瀬裕くんっていって、えーと背丈はこのくらいでー・・・」
 七波 :「…………は?」間抜けな声が出た。
 皓 :「……裕君?」
 GM :美織「なんか、賑やかになってきたね……って……え?」
 GM :近づいてきた大学生くらいの女性が声をかけてきて……途中で止まる。
 皓 :あれ? 何か見たことある女性がいる。
 幸乃 :「・・・って感じの子なんです、えっと探してるのはそっちの一之瀬美織さん。」
 幸乃 :「いろいろあって、たぶんこの祭りにきてるはず、なんですけど。」
 幸乃 :「え? あれ?」裕くんみて
 七波 :「え、待って、裕君ってちょっと・・・裕くーん!?」混乱した(何
 俊一 : 「……ど直球過ぎる展開ですねこれは・・・」
 GM :裕「……姉ちゃん?美織姉ちゃんなの?」多少茫然としている少年。
 七波 :「うん、というか現在進行形で一緒にいる」
 皓 :「──はは。何だ。探す手間省けたみたいだ」良かった。と呟き、ほら。と、裕君の背を軽く押した。

 ――軽く押されて、少年が駆けだす。
 それとほとんど同じタイミングで女性も駆けだして……そして抱き合う。
 ――それは姉弟が、奇跡的に再会できた事を意味していた――。

 誠二 :「あー……いない間に何があったのか、わからんような今わかったような。」
 GM :高人「……まーなんだ。バラバラなようでつながってたとか、そんなんかね」
 俊一 : 「…一つの劇が終ったって事じゃないですか?」
 統太 :「ばっか。始まったんだろ、本当の明日(これから)が」
 七波 :「今回の一件、こんなに人が関わってたの?」
 皓 :「みたいだね。……ともあれ、何とかなって良かった」
 伊吹 : 「正義は勝つんですよ!」
 幸乃 :「ほんと、よかったです・・・」ぐす
 天音 : 「全く……二度と目を離すなよ?迷惑被るのはこちらなのだからな」
 GM :美織「……良かった……良かったよ……本当に」涙を流す女性と、黙ってはいるが泣き笑いの少年。
 七波 :「これで、彼のお願いを聞いてあげられましたね」
 GM :やがて二人が離れて皆に向き直り。
 GM :美織「……本当にありがとうね、皆」 裕「……おかげで、姉ちゃんと逢えた。ホントに、ありがとう」

 ――その言葉と共に、皆の後ろで花火が上がり始めた。

 皓 :良かったね。とは口にせず、裕君の頭を軽く撫でた。その直後に上がった花火を仰ぎ見て。
 伊吹 : 「ふふふ、本当によかったです!」
 誠二 :「……神様って居るもんだな」
 統太 :「だとさ、神様」
 天音 : 「いるぞ、ここに」 >誠二
 七波 :「……何言ってんのこのちびっこ」
 統太 :ドラゴンの存在は信じてて神様を信じない支部(何)
 伊吹 : 「た〜まや〜」
 天音 : 「だーかーらー、オレは神なんだぞっ!雷神なんだぞっ!!」(だんだんと地団駄
 七波 :「そーかそーか、えらいえらーい」子供扱い率120%(何
 天音 : 「撫でるなぁーー!!!」(MAX放電
 七波 :「あづっ!?」手をプラプラと
 GM :春花「……あ、いたいた!遅れてごめんなさい!」春花さんもようやく到着。
 誠二 :「あ、春花さん!?」
 GM :春花「何とか帰ってこれました……」あはは、と息を切らしつつ笑う。
 誠二 :「あー……に、似合ってるよ、その浴衣」
 GM :春花「あ、ありがとうございます……」八雲の言葉に照れくさそうに笑う少女。

 俊一 : 「………」二人を見て、皆を見て、一人考えていた。僕はここまで素直になれたのだろうかと。
 俊一 : それに──レネゲイドビーイング研究による人体実験。其れがより表に出るほど強く、多くなってきているという現実を。
 姫乃 :「・・・・・・・・・・・・やはり綺麗ですね。」 病室から唯一見えたのが”花火”でした。その追憶の彼方から記憶を手繰り寄せ。
 俊一 : 「……(まぁ、深く考えすぎても仕方が無いんですが…どうにもね)」気持ちを完全に切り替えられない自分に少し悲しくもなる。夜はこんなに綺麗なのに、一つの事件が解決したはずなのに。
 姫乃 :「・・・・・また何かを考えているのですね、久能さん。」その思いつめた横顔に気づき。
 伊吹 : 「久能先輩、花火上がってますよ?」
 姫乃 :「・・・・・いえ、いいのです。それが貴方なのですから」ほら、伊吹ちゃんが呼んでますよ?と声をかけ髪を少したくし上げる。
 俊一 : 「…少しは僕も遊べるようにならなくちゃ・・・って考えていたところですよ。」そんな自分の心境は決して表に出さない。
 伊吹 : 「遊べるように・・・ですか? まったく、きりと兄さんも久能先輩の1/1000でも真面目なら・・・ どこいっちゃったんでしょうまったく」

 皓 :「あー。今年も、良い感じに上がってるなぁ」わぁ。と感嘆の声を上げ。穏やかな笑顔で上を向いた。
 皓 :「また、ここでお姉さんと花火を見れて良かったね。裕君」そう言って一度だけ縁の出来た少年に笑い、再度空を見上げた。
 GM :裕「……うん!ありがとうね、皓兄ちゃん!」満面の笑みで言う少年。
 天音 : 「………ふん、まぁ祭りだからな。少しぐらいの無礼講は許さんとな」
 七波 :「はー、さて。あとは純粋に花火を鑑賞するとしましょうか」ぼふっと座って
 GM :蒼太「……感動的だ、感動的ではあるんだが……俺に神は降りてこない!」
 GM :蒼太「……なぜなら一向にリア充になれないから!ちくしょー、なんで皓とか八雲ばかりそんな可愛い子連れてんだー!」
 GM :魂の叫び(何
 天音 : 「雷なら落としてやるぞ?」(酷
 誠二 :「いいからたこ焼き喰え」(何
 誠二 :<持ってきた食べ物や飲み物適当に分けつつ
 俊一 : 「・・・其れは神というより季節の春を呼んだ方がいいような気がします。」
 統太 :「気持ちは分かる。まーメローイエロー飲め」
 皓 :どういたしまして。と裕君に応えつつ、馬鹿なこと言っている友人をぱこんと殴っておいた(何)
 幸乃 :「みんな、騒いでないで花火みましょうよ。最後、スターマインがそろそろきますよー」


 ――幸乃の言葉と同時に。一際大きく、かつ派手な花火が上がった。

 ――これは、夏祭りの小さな思い出の話。
 そして、ある姉弟の"再生"と"再会"の話。




Double+Cross 3rdEdition 『Little-SummerMemories』End.